みんなみの里

キービジュアル画像:【みんなみの里】縁起の良い「葉牡丹」をお正月に飾りましょう

【みんなみの里】縁起の良い「葉牡丹」をお正月に飾りましょう

その他

2019/12/09

 だんだんと年末年始の準備に入っている鴨川です。
 今年も「葉牡丹(はぼたん)」が顔を出しました。色づいた姿が牡丹の花に似ていることから名前が付きました。
 
 牡丹の花にも似ていますが、キャベツにも似ていると思いませんか。それもそのはず、キャベツや菜の花などと同様にアブラナ科に属し、これらの祖先と言われるケールを改良したものです。
 日本には江戸時代初めに入りましたが、野菜としてではなく園芸用の植物として広がり、品種改良がさかんにおこなわれました。その頃の冬の日本には華やかな花は少なく、牡丹の代わりに門松などに飾ってお正月をむかえたそうです。
 明治時代以降も改良が進み、さまざまな品種が登場しています。こうして独自の発展をとげた葉牡丹、現代では海外でも人気のある植物になっているそうです。


 葉牡丹にはいろいろな花言葉があります。



 ひとつは「祝福」です。
 一般的な白と赤紫色の様子が紅白をイメージさせ、新春を迎えるにあたっておめでたいとされています。当時も二色セットで栽培されていたそうです。
 

 次に「愛を包む」「慈愛」です。
 幾重にも葉っぱが巻いていて、包み込まれるような安心感を与えるとのこと。また、西洋ではキャベツの仲間とされている葉牡丹ですが、赤ちゃんはキャベツから生まれるという言い伝えがあるそうで、葉牡丹が赤ちゃんを包み込んでいる姿を想像したのでしょうか。
 

 もうひとつは「利益」です。
 大昔の中国、戦場において栽培して食料としていたとの話があります。


 ちなみに、葉牡丹を収穫せずにそのまま植えていると、やがて菜の花によく似た花が現れます。アブラナ科の仲間という証しですね。

 

********************************************************************************


 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。

里のMUJI みんなみの里

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い