みんなみの里

【みんなみの里】秋

【みんなみの里】夕陽に溶け込む晩秋の店舗 | 里のたより

その他

2020/12/12

 近頃の直売所南側入り口の様子は、黄色に染まったイチョウの葉っぱが太陽の光を浴びて輝き、晩秋のみんなみの里と調和しているように見えます。
 
【みんなみの里】秋
 
【みんなみの里】秋

 かつてどこにでもあった茅葺屋根の家屋をイメージして建てられたみんなみの里の店舗。第二駐車場から店舗までの道は、舞い散ったイチョウの葉っぱで黄色い絨毯となっています。


 冬至に向かってだんだんと夜の時間が長くなり、朝晩の冷え込みが身に染みてきますが、そんなときは空気が澄んでいて、里山全体がとても静かになります。
 
【みんなみの里】秋
 (日中の店舗の様子)
 
【みんなみの里】秋

 おかげで、夕陽を背にして影絵のようになった嶺岡山系のもと、みんなみの里の店舗の灯りがやわらかく浮かび上がり、お客様だけでなく、地元の人たちをあたたかく包み込んでくれているようです。

 一日の終わり、みんなみの里でちょっと休憩してはいかがでしょうか。


********************************************************************************
【みんなみの里】秋
 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


里のMUJI みんなみの里