みんなみの里

【みんなみの里】ソルダム

【みんなみの里】美味しさのバロメーターは真っ赤な皮と白い粉

食のお便り/入荷情報

2020/07/04

 梅雨になってプラムが顔を出していますが、近頃店頭に並んでいるのは「ソルダム」という品種です。
 日本で一番多く栽培されている「大石早生」をアメリカで交配して生まれた、アメリカ生まれの日本すももなのです。
 重さ100~150gと大きめの粒で、7月が旬といわれていますが、今年は早めのお出ましのようです。

 
【みんなみの里】ソルダム

 美味しさの見極めは表皮の色。真紅に染まった果実は、甘味と酸味のバランスの良い果汁がたっぷりと含まれています。
 もうひとつのポイントは、表皮についているブルームという名の白い粉。完熟した新鮮な果実にだけあらわれる美味しさのバロメーターです。

 このふたつがそろった食べ頃の「ソルダム」ですが、生産者によると「収穫は猿との競争」とのこと。「猿と出くわして襲われてもいけないし、かといって、せっかく実った果実をみすみす猿に渡すわけにいかないし、困っちゃうよ。」とこぼしていました。
 昨年の台風の影響などが原因で全体的に実りの少ない今年、獣害も年々多くなっているようです。
 お店に出てくる数も限られていますが、季節の訪れを教えてくれる旬の果実をぜひご賞味ください。
 
【みんなみの里】ソルダム


********************************************************************************

 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベントが情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


里のMUJI みんなみの里

 

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い