銀座

【銀座】ミャンマーのコーヒー豆発売|1F コーヒー売場

【銀座】ミャンマーのコーヒー豆発売

食のお便り/入荷情報

2020/09/24

   
いつもfrom MUJIをご覧いただきありがとうございます。
9月23日(水)(『ミャンマーのコーヒー豆』発売のお知らせです。
 
【銀座】ミャンマーのコーヒー豆

ミャンマー連邦共和国(以下、ミャンマー)でアヘンの原料となるケシに替わる農家の収入源として栽培された「ミャンマーのコーヒー豆」です。
ミャンマーの南シャン州で栽培され、手摘みで収穫しています。
深煎りし、コクと酸味を生かして仕上げました。
 
【銀座】ミャンマーのコーヒー豆

ミャンマーの南シャン州は、アヘンの原料となるケシの栽培が盛んな「黄金の三角地帯」に位置する地域です。同州の少数民族にとって、ケシは収入を得るための重要な作物でしたが、近年ミャンマー政府の規制が厳しくなり、ケシの栽培面積は減少しています。その一方で、ケシ以外の収入が乏しいため、多くの農民が困窮しています。
南シャン州のケシ栽培が標高1,000m~1,800mの地域で行われ、品質の良いコーヒー生産に気候条件が合致していることから、ケシからコーヒーへの栽培転換を推進しています。
無印良品は、味は変わらないのに小粒ではじかれていた豆を、適正な価格で買取り活用した「ミャンマーのコーヒー豆」を販売することで、コーヒー生産農家の収入を増やし、南シャン州でのケシからコーヒーへの栽培転換を支援します。

詳細はこちらをご覧ください。
 
【銀座】ミャンマーのコーヒー豆


無印良品 銀座


この機会に、MUJI passportアプリ内で銀座をフォローいただき、from MUJIで配信される情報をお楽しみください。
店舗フォローは店舗検索の画面、または、この記事の上のフォローを押して、エンジ色になるとフォローができたことになります。
店舗詳細のページの場合、フォローの字がエンジの色に変わります。
【銀座】ミャンマーのコーヒー豆