ゆめタウン高松

着るを知るコート

【ゆめタウン高松】「着る」を知るコート

スタッフのおすすめ

2020/02/16

みなさん、こんにちは。

無印良品ゆめタウン高松 藤田です。

いつも「着る」を知るコトをご覧いただき、ありがとうございます。

さて、先日節分も終わり、立春を迎えました。

ついに春の到来ですね。

というわけで、今回は春に役立つ、コートの色々をご紹介いたします。

あれれ、そうですか。気づいてしまいましたか。

「着る」を知るコト。「着る」を知るコート。。。

そうです。今回はまさかのダジャレ回なのです。

しかしながら、ご紹介の文章は極々まじめに行きますよ。

それでは、最後までお付き合いをよろしくお願いいたします。
 
着るを知るコート

まずは、左の「撥水トレンチコート」。

マイナーチェンジはあるものの、無印良品の定番となっているこちらのコート。

色展開はベージュとネイビーの2色展開で、

なんと言っても今年の特筆すべき点は、昨年までの価格 税込12,900円が、

税込9,990円に見直されたことであります。

まだまだ寒い冬の終わりから春先まで、秋にも使っていただける生地感のこちらのコートが、とってもお買い得になりました。

お次は右の「撥水ノーカラーコート」。

これまで定番であったステンカラーコートに代わって現れた、期待のニューフェイスです。

価格もトレンチコートに合わせてお手頃で、水もはじいて、しかも人気のドロップショルダーでかわいいなんて、

まさに、野球で言えば「走」「攻」「守」三拍子そろった新人王候補です。

色はベージュ、スモーキーブルー、ダークグレーの3色展開。

価格は先述のとおり、税込 9,990円でございます。
 
デニムコート、二重編みコート着用

さて、ここで衣装のチェンジです。

左の「ストレッチデニムコート」。

こちらも襟の形などマイナーチェンジはあるものの、もはや定番と言ってもよい春コートです。

インナーに春色を合わせることで、より明るく見えますね。

ボトムをデニムに替えて、デニムonデニムで着てみてもかっこいいです。

また、ストレスフリーなストレッチ素材がうれしいところ。

価格は税込 7,990円。

色は着用しているインディゴブルーとダークネイビーの2色展開です。


そして、右の「二重編みコート」

リラクシングで、スポーティーで、キレイめで。

さまざまな表情を持つこちらのコート。

足元を革靴にすることで、スウェットパンツもこんなにキレイに見えました。

価格は税込 4,990円。

ライトシルバーグレー、ペールブラウン、ダークネイビーの3色展開です。
 
ショップコート着用写真

最後に藤田の登場です。

着用品は「新疆綿オックスショップコート」。

紳士コーナーでの展開ではありますが、男女兼用サイズ展開の商品です。

パーカーを中に入れることで、よりカジュアルな印象に。

価格は税込 4,990円です。
 
トレンチコート写真

さて、長い長い前置きはここまでにいたしまして。

今回は「トレンチコート」について触れていきます。


「トレンチコート」はもともと、第一次世界大戦中にイギリス陸軍が着用した防雨用のコートです。

トレンチの意味としては「塹壕」(ざんごう)。

戦場で歩兵たちが敵からの弾を避けるために作った防御施設のことを言うそうですよ。

一般的には、前身頃が重なったダブル仕立てでベルトを締めて着用するコートです。

細かい仕様としては戦争中に雨が降っても雨が背中ににじんでこない様に「ケープバック」という背おおいが付いていたり、

銃を撃った衝撃を和らげるために右肩についた「ガンパッチ」。

両肩には「エポレット」と呼ばれるボタン留めの肩章が付き、こちらは双眼鏡や拳銃吊り紐を吊ったり、戦中に仲間が倒れたときには、この肩章を引っ張って持ち上げることにも役立ったそうです。


無印良品のトレンチコートのデザインは、これらの仕様が簡略化されてはおりますが、逆に女性にもスッキリとして着用しやすく、また就職活動などにも使いやすいデザインとなっております。


コートのデザインひとつにも歴史と名残があるのですね。

今回も最後までお読みいただき、ありがとうございました。





無印良品ゆめタウン高松では定期的におすすめの情報を配信しています。

ぜひ店舗フォローをしてお楽しみ下さい。


無印良品 ゆめタウン高松








 

関連商品