キービジュアル画像:初めての甘さ思い出のすっぱさやっぱり“こい”が好き

初めての甘さ思い出のすっぱさやっぱり“こい”が好き

諸国良品

2019/07/19

アテネファームがある下川町は北海道北部内陸の盆地で気温が冬は-30度、夏も+30度にもなる寒暖差の激しい土地です。有機質たっぷりの肥料を使い必要最低限の水だけを与えて厳しく育てたフルーツトマトです。

もともとは大きなトマトになる品種「桃太郎」をぎゅぎゅっとしぼって育てることによりトマト本来の生命力が目覚め、コクのある美味しさになります。作るのがとても難しいけれど、酸味・うま味・コクのバランスが良いのが特徴です。

アテネファームでは化学肥料、農薬の使用量を5割以下に抑えた「特別栽培」の認証を受けています。更に、安全なトマトをお届けするために殺虫剤、殺菌剤、除草剤は使用しません。

夏の太陽をいっぱい浴びて農薬を使わずに愛情たっぷりに育てたアテネファームのトマトは生で食べても最高の美味しさですが一年のうち半分が冬という当地では1月から栽培の準備をして7~9月しか収穫できません。

この味を一年中召し上がって頂きたいと思って「こしとま」、「つぶとま」を作りました。塩も香辛料も何ひとつ加えていません。じっくりじっくり時間をかけて煮詰めました。自然の美味しさたっぷりに、生感覚でいろんな料理に活用してください。

たとえばトーストしたパンに柔らかなチーズを塗って、その上に「こしとま」をたっぷり塗って…上には粉チーズとブラックペッパーで仕上げます。ささっと作れて、まじめで美味しい!思わず食卓に笑顔が広がります。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 アテネファーム

    生産者名 アテネファーム 詳細

    東京でサラリーマンをしていた2人が紆余曲折を経て2005年に下川町に移住。本当に自分たちの食べたいものを作りたい。だから有機質たっぷりの肥料で育てます、殺虫剤、殺菌剤、除草剤は使いません。健全に育った野菜はつよくてうまい!食卓に美味しい笑顔を届けたい!お届けしたいのはわたしたちの「想い」です。