キービジュアル画像:サクサク、ホクホク、モチモチとした無農薬の「白石レンコン」

サクサク、ホクホク、モチモチとした無農薬の「白石レンコン」

諸国良品

2019/08/23

佐賀牛や有明海苔と並ぶ佐賀県を代表する特産品である「白石レンコン」。有明海を包み込むように広がる佐賀平野や白石平野で長年の干拓によって広げた農地の「重年土質」を特徴とする独特の土壌で育ち、砂地が多い他産地にくらべ地力が高いこの好条件が、全国屈指の高品質なレンコンを生み出しています。なかでも今回ご紹介する「小野ファーム」では数少ない無農薬のレンコンを栽培しています。

大正11年にレンコンの栽培を始めた福富町では、昭和22年に「福富町出荷組合」を結成して以来、将来を見据えた特産地形成の先駆として、現在の白石町を「白石レンコン」の一大産地へと導きました。

合併して白石町になる前の旧福富町で、「福富レンコン」としてブランドを築いてきた小野ファームの小野由博さんは、高校を卒業してからレンコン農家になり、この道40年を超える大ベテラン。なたねや牛糞といった堆肥の生成から土づくりにこだわりを持っています。

白石レンコンは、糸ひきが良く、サクサク、ホクホク、モチモチとした食感が特徴。レンコンを栽培する上で難しいのがこのサクサク、ホクホク感を出すことですが、小野さんが生産する白石レンコンはこれらの条件をしっかりと満たしています。

レンコンの最盛期は12月ですが、秋口に収穫される早生レンコンは、柔らかくあっさりした味わいが特徴で、時期によっていろいろなおいしさを発見することができます。鮮度を保つため、きめ細かな土をつけたまま出荷するため、光や空気から守る保湿の役目も果たし日持ちをよくします。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 小野ファーム

    生産者名 小野ファーム 詳細

    佐賀県杵島郡白石町で小野ファームを経営する小野由博さん。高校卒業後にレンコン農家となりレンコン一筋40年のベテラン農家である。土づくりからこだわりを持ち、納得のいくまで丁寧に育てられた白石レンコンはサクサク、ホクホクとした食感がたまらない。