キービジュアル画像:香ばしい香りと濃厚な味わいのピーナッツバター

香ばしい香りと濃厚な味わいのピーナッツバター

諸国良品

2017/05/12

地域ブランド八街産落花生の中でも、極めて深いコクと豊かな味わいの最高級品種「千葉半立(ちばはんだち)」を100%使用。無添加にこだわり、「千葉半立」の豊かな風味を最大限に引き出すため、煎ったさやから一粒ずつ手作業で取り出すところから、ひとつひとつ丁寧に手づくりされているピーナツバターです。蓋を開けると落花生の香ばしい香りが広がり、口に入れると濃厚な味わいが広がります。

代表の木村由希子さんの、ピーナッツ好きのお父様の「おいしいピーナッツバターが食べたい」と言う言葉がきっかけで、お母様が、長年試行錯誤を繰り返し、無添加で丁寧につくり上げた手づくりピーナッツバターです。

原料の千葉半立は草が上を向く品種と横に伸びる品種を掛け合わせて誕生したことから「半立」という名前になったそうです。他品種にはないコクと風味が豊かなこの品種は、最高級品種として愛され続けられています。

しかし、横に伸びる性質なので場所をとる事と収穫に手間がかかる事。他品種に比べ、晩生(おくて)と言い、栽培期間が長い事。農業従事者の高齢化もあいまって、作業の大変な半立の作付農家が減少しているそうです。

収穫された落花生はボッチで1か月かけて冬の北風でゆっくりと乾燥され、その間にデンプンがショ糖に変化し、甘味が増すのだそう。半立という品種、そしてボッチを見られる冬の風景も後世に残したいと、木村さん。

老舗の職人に丁寧に焙煎してもらったさやいりの落花生から、手作業で一粒づつ取り出し、薄皮ごと使用することで、半立の持つ風味を最大限に引き出せるとのこと。手作業でクランチすることによって食感も楽しめるよう考えられています。

風味豊かなピーナッツバターは、スタンダードにパンに塗るだけでなく。カナッペなどでチーズと合わせたり、アイスのトッピングや、ドレッシングに使うなど、様々な料理をおいしくしてくれるアクセントにも最適です。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 YACHIMATA YOSHIKURA

    生産者名 YACHIMATA YOSHIKURA 詳細

    「添加物なしの安心安全で美味しいピーナツバターを通して千葉半立の素晴らしさを知っていただきたい。そして半立作付農家さんが増えると良いですね」と、代表の木村由希子さん。全体の0.1%未満しか入っていないという、滑らかにする為のなたね油は国産を使用。塩は海からの天日塩でミネラル豊富なものを使用するなど、細かいところまで考えてつくられています。商品の販売店舗も営業しています。(木・金10:00~17:00、月~水不定休)

関連商品