キービジュアル画像:目指すは「手土産」、手間暇かけて育てる誠実野菜

手土産になる野菜とミニトマトジュース

諸国良品

2020/05/22

北海道上川郡和寒町にて4年間修行を積み、新規就農したのは2015年のこと。わずか2ヘクタールの小さな農園で、ミニトマト、南瓜、ニンニクを育てています。コンセプトは「手土産になる野菜」。食欲をそそる美しさと食べてみたら本当に美味しかった、そんな感動を与えられる野菜農家になりたいと日々研究しています。2年前から農薬を使わず、有機野菜にこだわって作っています。2020年、念願の有機(オーガニック)認証取得を目指します。
 

和寒町は山々に囲まれた盆地地帯。夏は30℃、冬は-30℃ちかくいくこともあり、その差なんと60℃。まだ雪が残る寒い春からハウス内の温度調節をしっかりとして大事に大事に育てています。この寒く厳しい環境の中でちゃんと育った野菜は美味しいんです。

一番大切にしている作業は土作り。土に有機質の堆肥をすき込むと微生物は有機物を分解し、野菜は必要な栄養分を吸収します。このサイクルが美味しい野菜につながると考え、堆肥を土に放つを繰り返し、来春、その先へと、時間をかけて良い土を育てたいと思います。

野菜を健康に育てるためには基本の管理作業を徹底しています。それぞれの野菜に必要な作業を、天気や成長の様子を見ながらしてあげることで病気から守るだけでなく、成長を促します。この当たり前の作業こそが誠実な野菜作りに欠かせないと考えています。

厳選した有機肥料を使い、無農薬で育て始めるようになってから年々野菜に力強さを感じるようになりました。褒めて頂く機会も増え、着々と「手土産野菜」へ向かっている中で、新たな挑戦としてミニトマトを使ったジュースを試作販売しています。

きっかけはハネモノを捨てられないもったいない精神から。ハネモノのミニトマトは熟して濃厚なので加工品に向いています。去年から和寒町加工センターの熟練した技術を教わりながらジュース作りを始めました。これから研究を重ねて販売を続けるつもりです。

「ENJOY THE FARMHOUSE」をスローガンにしています。友人から贈られたこの言葉は、新規就農したわたしたちにぴったりだと思っています。美味しい野菜の追求、その野菜を使った加工品など、描いた夢を一つずつ実現していきたいと思います。

 

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 齋藤 匡盛(さいとう まさもり)

    生産者名 齋藤 匡盛(さいとう まさもり) 詳細

    北海道旭川市から車で北に40分、上川郡和寒町で野菜農家を始めた齋藤匡盛と申します。新規就農してから今年で5年目の若手農家です。小さな農園ですがこつこつと積み上げてきました。その間に子どもが生まれ、本当に安心で美味しい野菜とはどういうことか考えるようになりました。娘と息子に有機野菜に挑戦するきっかけをもらいました。味の追求、そして初めての加工品のチャレンジ、目標に向けて日々奮闘中です。

関連商品