キービジュアル画像:南房総有機農家が作る昔ながらの黒モチトウモロコシ

南房総有機農家が作る昔ながらの黒モチトウモロコシ

諸国良品

2015/07/31

近年のスイートコーンブームとは一味違い、自然栽培にこだわった黒モチトウモロコシを紹介します。見慣れない黒い粒にもちっとしたほんのり甘い食感。珍しい風貌ですが、実はアジア原産で日本でも昔から作られてきた元祖トウモロコシの一つなんです。多品種と交配せずに受け継がれてきた純粋なタネを、南房総の有機農家が農薬や化学肥料を使わずに育てました。昔の日本に思いを馳せながら、本来のトウモロコシの美味しさを味わってみませんか?

栽培を行っているのは南房総市、館山市で新規就農した若手生産者を中心とした「南房総オーガニック」の岡本高憲さんと田嶋勝也さん。二人とも年間を通じて多品目の野菜を無農薬無化学肥料で栽培しています。

無農薬で野菜を栽培する最大の難しさは「虫」。特にトウモロコシは虫がつきやすく有機農家には敬遠される傾向がありますが、伝統的な美味しさを食卓に届けたいという思いから固定種にて栽培を開始しました。

現在市場で販売されてる多くの野菜が品質改良を重ねてきた交配種であるのに対して、固定種は親から子へ形質が受け継がれてきた昔ながらのタネ。昔はもちろん農薬も化学肥料もなかったので、栽培方法に適しています。

有機農業で大事なのは時間をかけた土作り。岡本さんは植物以外は何も土にいれない無肥料栽培を9年、田嶋さんは抗生物質や農薬不使用の平飼い鶏糞や米ぬか、モミを使った有機肥料栽培を5年行っています。

こうして土作りに励んできたお二人の野菜は味が濃く、自然の甘みがあると評判ですが、そもそもモチトウモロコシはもちっとした食感と素朴な甘みが特徴的。じっくり噛んで口に広がる昔ながらの味をお楽しみください。

【注】出荷時に一本一本丁寧に確認していますが、無農薬栽培のため虫食いの跡や隠れた虫を採りきれない可能性もゼロとはいえません。この点をご理解ご納得頂ける方のみご注文お願い致します。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 おかもファーム 岡本高憲いろは農園 田嶋勝也

    生産者名 おかもファーム 岡本高憲いろは農園 田嶋勝也 詳細

    おかもファーム岡本高憲さん(左)は、元農水省で事務を務めていた公務員。職業柄体験農業などに参加するうちに農業の楽しさに魅かれ、土佐自然塾で1年研修を終えた後地元館山で就農しました。
    いろは農園田嶋勝也さん(右)は、元食品添加物の香料を開発していた調香師。化学の専門家として食品の成り立ちを知り、南房総で1年間有機農業の研修を受けた末に就農しました。顔の見える関係で安心安全な野菜作りを行っています。