キービジュアル画像:無農薬無肥料10年の土から季節野菜パックをお届け

無農薬無肥料10年の土から季節野菜パックをお届け

諸国良品

2016/12/09

有機栽培とはいっても、農薬や化学肥料を用いない農法は数多く存在します。今回ご紹介する「おかもファーム」岡本高憲さんが今年で10年目を迎える農法は、緑肥以外は畑に何も入れないというシンプルなスタイル。土に肥料分が無くて作物が育つのかという疑問の声も受けつつ、岡本さんは様々な有機農業の良いと思う点を自己流に研究して現在の育て方に至りました。無農薬・緑肥以外は無肥料で育てられた、季節の味をお試しください。

岡本さんは元農林水産省で事務を担当していた職員。地元館山から上京して仕事を始めた当時はほとんど農業に関心はありませんでしたが、仕事柄農業の課題や農業体験にて農に触れるうちに農家を志すようになりました。

決意を固め向かった先は「土佐自然塾」。有機農業の技術的方法や経営について学ぶこと1年、館山にて土地を探すと、人から人へご縁が繋がり、条件の良い理想的な土に出会えたそうです。

土佐で学んで館山で農業を実践した岡本さんが体験したことは、気候や土によって農法が異なること。同一の農法は同一の土にしか通用しないと考える岡本さんは、この土地だからできる独自の有機農業を模索しています。

とはいえ岡本さんの有機農業は、無肥料栽培。植物を育てることで土を肥やし、土の力以外は何にも頼らないシンプルな農法です。ただ、この方法で野菜がしっかりと育つまでには時間がかかったといいます。

それでも諦めずに土の力を信じること5、6年を過ぎた頃から、作物がよく育つようになりました。有機農業に病虫害のリスクはつきものですが、害虫や病気も少しずつ少なくなっていったということ。

出荷量に限りがありますが、有機農業の中でも特に難しいとされている無肥料栽培に挑戦し、時間をかけて土作りをおこなってきたおかもファームの季節野菜パックにご興味ある方はこの機会にお試しください。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 おかもファーム 岡本高憲さん

    生産者名 おかもファーム 岡本高憲さん 詳細

    おかもファーム岡本高憲さんは、2006年に新規就農した有機農家。2012年に立ちあがった「南房総オーガニック」設立時には会長を務め、現在も新規就農者支援事業などを行いつつ、南房総の若手農家の中で農業活性化に率先して取り組んでいます。そんな岡本さんの目指す農業とは、「ほっこり野菜が育つ場所」。食べる人の「ほっこりした笑顔」を想像しながら日々農業と向き合うことが岡本さんのライフワークなのです。