キービジュアル画像:生産量日本一山形県天童市の厳選された「スーパーラ・フランス」

生産量日本一山形県天童市の厳選された「スーパーラ・フランス」

諸国良品

2016/11/11

山形盆地の中央に位置する天童市は盆地特有の昼夜の寒暖差が大きく日照時間が長いという恩恵を受けており、さまざまなフルーツ栽培が盛んです。特にラ・フランスの生産量は日本一であり、その中でも厳選されたスーパー・ラフランスは「素晴らしい香りの果実を届けたい」という生産者の想いが詰まった、JAてんどうオリジナルブランドです。

ラ・フランスは特有の芳香と果汁したたる緻密な肉質は、西洋なしの女王と呼ばれています。別名「バター・ペア」とも言われ、クリーミーな果肉が口の中に広がり、さわやかに甘みと程よい酸味の絶妙な美味しさを味わえます。

JAてんどうでは、厳しい登録基準をクリアした園地で栽培されたラ・フランスを、さらに光センサー選別で糖度14度以上、果形良好で2L以上の果実のみを「スーパーラ・フランス」として出荷しております。

ラフランスは木から収獲してから熟す果物です。冷蔵庫で一定期間予冷し、追熟することによって美味しさを発揮します。JAてんどうでは全国に先駆けて導入した予冷追熟施設ラフランスセンターにて一括管理をして出荷を行なっております。

追熟した食べごろまで2~3日のラ・フランスをお届けいたします。届いたラ・フランスは食べごろになるまでは直射日光の当たらない風通しのよい部屋で保管してください(15℃前後)。軸周りの「肩」と「おしり」に指でそっと触って果肉の柔らかさを感じ、香りが強くなったら食べごろです。

瑞々しくとろけるような食感は高級スイーツを超える美味しさ。ひと口食べれば口の中にラ・フランスの芳醇な香りが広がります。

収獲量全体のごくわずかな量しか収穫されない貴重品。キングオブラ・フランスの味わいをお届けします。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 JAてんどう ラ・フランス部会

    生産者名 JAてんどう ラ・フランス部会 詳細

    「このすばらしい香りの果実をとどけたい」との想いで、昭和62年に発足しました。平成元年頃より収穫期に入るとともに、以降も栽培面積が増加し、面積で5倍・出荷量では平成15年度に3,000トンを突破するまでになりました。「会員登録制」「園地登録制」を取り入れた活動を展開し、組織全体としての栽培技術向上と平準化に取り組んでいます。また、よき農作業のパートナーである情勢を対象とした講習会を開催し組織作りにも努めています。