キービジュアル画像:歴史ある、山間の自然の中で作った野沢菜です。

歴史ある、山間の自然の中で作った野沢菜です。

諸国良品

2019/09/13

竹内農産は、長野県の中央に位置する山あい深く、美ヶ原と霧ケ峰の高原が連なる美しい大自然に囲まれた小県群長和町にあります。この地は、黒曜石の産地として歴史に名をとどめるほど有名な場所で、地下深くから岩盤を通って湧き出る水は、 自然と黒曜石によって濾過され、軟水でまろやかな名水です。竹内の野沢菜漬けは、この土地の豊富な水を、地下約40mの水脈から汲み上げて使用しています。

また使用する野沢菜の栽培は、自家製の有機質堆肥を使って土づくりからはじまります。土壌内の微生物を増やすことで、野沢菜に病気を起こす病原菌を押さえ込むことができ、フカフカの柔らかい土を作り、通気・保水・保肥力を高めて、野沢菜が育ちやすい土壌を整えます。

有機物は土の中でゆっくりと分解されるため、本来持つ土の力を長期的に持続させ、 年ごとに、おいしい野沢菜を育て続けることができる、持続的で健康な野沢菜畑をつくります。

野菜は土から採り出した瞬間から鮮度が失われていきます。そのため契約農家さんは夜明け前から野沢菜の収穫を始めています。採れたての美味しさを味わってもらうために、直接「漬け込みタンク」を産地に持ち込んでいます。

野沢菜は、工場に到着次第、大量の氷水で冷却されます。氷水での冷却は、輸送時のほてりをとり、鮮やかな緑色や、シャキシャキとした食感、採れたての旨みを保ちます。

信州では、野沢菜漬を親しみを込めて「お葉漬」と呼んでいます。厳選した調味料を使用し、化学調味料 ・ 着色料 ・ 保存料無添加で仕上げました。絶妙な合わせだしと、塩角がなくまろやかな天日塩で仕上げた野沢菜漬です。

漬け上がった野沢菜は、豊富な地下水を惜しみなく使って丁寧に洗いあげます。洗浄された野沢菜は、作業員一人一人による選別を経て、素材の旨味をそのまま味わえる浅漬けに適したものだけを製品化しています。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 株式会社 竹内農産

    生産者名 株式会社 竹内農産 詳細

    1974年創業の竹内農産の野沢菜漬は、土づくりからはじまっています。野沢菜農家さんとは、土づくりからはじまった苦労と喜びを共にしてきた盟友です。使用する野沢菜は、品質をとても厳しく管理していますが、この地の農家さんは、自社以上に頑固で本物にこだわる人ばかり。長野県を中心に他県にも、このような農家さんと契約しています。竹内も農家さんも、それぞれ次の若い世代へと変わってきましたが、今も変わらず頑固に野沢菜づくりに向き合っています。

関連商品