コクのある甘みの静岡みかんと、世界から認められたマーマレード

コクのある甘みの静岡みかんと、世界から認められたマーマレード

諸国良品

2020/05/22

柑橘の産地といえば和歌山や愛媛も有名ですが、静岡県も負けていません。平成30年度のみかんの生産量では愛媛を抑えて和歌山に次ぐ2位。なかでも「青島みかん」は昭和10年に静岡県で発見された晩生の品種で、コクのある甘さでたちまち人気となりました。そんな静岡でみかん農家に転身し、今や世界から注目されるマーマレードやジャムも手掛ける農家がえなみ農園です。

「全国のみかんを食べ比べてみて、やっぱりここのみかんが一番美味しかったんです」そう話すのは、浜松市でみかん栽培に勤しむえなみ農園の江南ご夫妻です。元々は大手自動車メーカーの管理職を務めていたという旦那さんでしたが、夫婦そろってみかん好きが高じて農家への転身を決意。たどり着いた先が、奥さんの実家近くの浜松市でした。

中途半端な気持ちで農業はできないと、退路を断つために購入したみかん畑は、4.5ヘクタールにも及ぶ山の中腹。日当たりが良く、水はけの良い赤土の土壌で、そこで江南夫妻は除草剤を使わず、施肥や摘果を工夫しながら、2人でみかんを栽培しています。しかし、就農当初は販路も少なく、みかんが余ってしまうこともしばしば。

 

そこで作ってみたのが、みかんジャムでした。はじめはみかんを購入してくれたお客さんへの“おまけ”として付けていたところ、良くも悪くも様々な意見をもらうようになり、段々と本格的にのめり込んでいくことに。そして、柑橘の皮を加えたマーマレードも手掛けるようになり、それが徐々に評判を呼ぶようになっていったのです。
ジャムやマーマレードは、固めるためにペクチンという添加物を加えるのが一般的ですが、えなみ農園では柑橘が持つペクチンを最大限に引き出しながら、加えるのは砂糖のみ。それも糖度50~52度という低糖の部類で、柑橘の香りや酸の効いたマーマレードやジャムを生み出していきました。

 

これがイギリスで開催されるダルメインマーマレードアワードの職人部門において、4年連続金賞、2020年3月には最高金賞も受賞しました。マーマレード発祥の地で評価されるまでに至ったのです。今ではその加工技術を生かし、静岡県内で栽培される様々な柑橘をジャムやマーマレードに加工。静岡県産品のPRにも一役買っています。

「はじめは自分たちで作った素材を自分たちで加工する6次産業化にこだわっていましたが、一口に柑橘といっても種類によって栽培法は様々。餅は餅屋に任せて、うちはみかんとマーマレード・ジャム技術を生かしていけば良いと思うようになったんです」そう話すように、今では奥さんがみかんを、旦那さんがマーマレード・ジャムを極めるべく、追及していっています。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • えなみ農園

    生産者名  えなみ農園 詳細

    静岡県浜松市で、みかん栽培とマーマレード・ジャム加工を手掛ける農家。英国の湖水地方で開催される世界最大のマーマレードイベント、ダルメインマーマレードアワードの職人部門において、2017年に初出場以来4年連続金賞を、2020年には最高金賞を受賞している。

関連商品