南三陸町から宮城のおいしい海産物をお届けします。

南三陸町から宮城のおいしい海産物をお届けします。

諸国良品

2020/07/17

南三陸町は宮城の北東部に位置し世界三大漁場三陸沖を目の前に、入り組んだリアスの海は豊かな恵みを育む絶好の漁場です。2018年にはラムサール条約に登録、またSDGsの一貫で日本初の海のASCと森林のFSCと国際認証を取得、ダブル認証は世界でも稀で世界が認める豊かな環境に恵まれた、自然と共存を目指す町です。
 

豊かな森が豊かな海をつくり、豊かな海の幸を育みます。昔から「森が魚を呼ぶ」とも言われ裏づける研究成果もあるほどです、この世界も認めた最高の環境で仕事ができるのはとても幸せな事だと感謝しています。

春には若布やめかぶなどの海藻が、夏には銀鮭や帆立貝やほやが、秋には鮭やいくらや真鯖が、冬には真蛸や牡蠣など、最近は北の魚だけでなく温暖化で南の魚まで魚種も豊富です。

丸荒の前身は漁師、昭和49年に創業して行商から6次産業化に取り組んできました。しかし順調だった事業も2011年東日本大震災の大津波で工場を失い、2018年にやっと復旧したばかりです。

宮城・南三陸で水揚げされた素材は新鮮なままに、復旧した工場では生鮮品から冷凍・加工品・惣菜・常温品など様々な商品が生まれています。

「無添加で心と身体にやさしいご馳走」をテーマに、自分や家族の健康に気遣いされている人へ良質な素材を自然の美味しさそのままに、体に優しい商品づくりで伝えていきます。

今の時期の冬場は、やはり旬の牡蠣がおすすめです。生牡蠣だけでなく牡蠣の燻製やオリーブオイル漬などがおすすめです。

生産者紹介

  • マルアラ 株式会社及川商店代表 及川吉則さん

    生産者名 マルアラ 株式会社及川商店代表 及川吉則さん 詳細

    創業以来地域に根ざした活動と、地域の素材を生かした商品づくりを行ってきました。震災で工場も無くしマイナスからの再スタートですが、これまで通り地域に根差して地域の復興や賑わいづくりに繋がる活動を行いながら、地域の魅力やストーリーをのせた商品づくりを行い、宮城・南三陸の良さを伝えて行きたいと邁進しています。

関連商品