千年後も日本の秋に西条柿があってほしい

千年後も日本の秋に西条柿があってほしい

諸国良品

2020/05/22

柿壺の柿園がある島根県出雲地域は、太古に海から隆起した地形がもたらす南向きの斜面や、柿の栽培に適した重粘度土壌に加え、長い歴史の中で受け継がれてきた柿の優良な品種系統や栽培ノウハウを持ちます。 また、西条柿は中国地方原産の品種であり、中国地方でしかほぼ栽培されていない希少品種です。

西条柿は抜群の糖度を誇る品種で、全国規模の食味コンテストで大賞を獲るなど、その緻密な食感は他に類をみない美味しさと言われています。柿の最適地と日本一の品種との出会いがもたらした、まさに「奇跡の地」と言えるのです。

そんな柿の奇跡的な産地も生産者の減少という大きな問題に直面しています。桃栗3年、柿8年と言う諺がありますが、柿は植えてから成木になるまで長い年月がかかります。長い柿栽培の歴史をもつ出雲地域でも生産者の減少により存続の危機に瀕しています。

そんな中で、奇跡の地で育まれた柿を食べ、その美味しさに驚いた仲間とともに、日本古来の果物である柿を千年先の未来にも残していきたいという想いで、柿壺は生まれました。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 柿壺株式会社

    生産者名  柿壺株式会社 詳細

    柿壺の代表である小松正嗣は兵庫県加古川市出身。大学生時代を島根県で過ごし、一旦は地元に戻りIT関連企業に就職しましたが、東日本大震災をきっかけに「生きる」ことに直結した仕事をしたいと感じ、農業の道に進むことを決意。西条柿の美味しさに感銘を受けて再び島根にIターン。

関連商品