~鳥海高原の開拓から22世紀へ 大地、水、空気~

~鳥海高原の開拓から22世紀へ 大地、水、空気~

諸国良品

2020/07/08

鳥海高原は、戦後鍬一本による開墾・開拓により始まりました。苦労の末、鳥海高原大根が東京の中央市場で評価を得、その後野菜作り、畜産、酪農と多様化しました。昭和40年代に入ると農業離れが進み、一部地域は観光が担ってきました。私どものヨーグルトは、鳥海高原の生乳を活用し、より自然なヨーグルトとして製造を開始しました。
 

より低温で、長時間丹念発酵させることにより、まろやかでこくのあるヨーグルトに仕上がります。

香料、酸味料、添加物の入っていないヨーグルトを作りました。より自然なものを作ることにより、安全・安心なヨーグルトに仕上がります。

今日生まれた赤ちゃんは22世紀に到達します。22世紀初頭の日本の人口はどのくらいでしょうか。この赤ちゃんたちが22世紀の日本の礎を築いてくれます。21世紀をしっかり支え、22世紀にバトンを渡す、今の私たちは何ができるでしょうか。

より、自然のものこそ美しい。より自然のものこそおいしい。より自然のもので安心して食べられるものを子供たちに提供したい。そして元気に21世紀をけん引し、22世紀につにないでもらいたい。そんな思いでヨーグルトを作っています。

3月になると山から山の神がふもとの田んぼに降りてきて田の神となります。11月になり刈り入れが終わると田の神は山に戻り山の神となります。地元では毎年白装束でお山参りに出かけます。

「あやにあやに奇すしき尊うと、鳥海御山の神のみ前に拝みまつる」と唱えながら山頂に向かいます。鳥海山の恵みに生かされ、山を大切にし、自然を守っていく。ヨーグルトもできるだけ自然に近いものを目指す、地元に生きる者の姿勢です。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 鳥海やわた観光株式会社 ヨーグルト工房鳥海

    生産者名 鳥海やわた観光株式会社ヨーグルト工房鳥海 詳細

    きれいな空気・水、ゆたかな大地のもとでつくられた農畜産物と同じく、「より自然なものこそうつくしい」という考えから「安定剤、香料、添加物等の入らないヨーグルト」を、長時間・丹念はっ酵の技術でつくっています。
    「ばぁばのヨーグルトおいしいね」私は孫に誇れるヨーグルトをつくり続けています。

関連商品