山梨からの夏の便り、酸味と甘みと香りの三拍子そろった「完熟すもも」

山梨からの夏の便り、酸味と甘みと香りの三拍子そろった「完熟すもも」

諸国良品

2020/07/08

山梨県というと「ぶどう」に「桃」と、生産量日本一を誇るフルーツ王国ですが、「すもも」もその一つ。実に全国の生産量の約4割が山梨県でつくられています。しかし、すももはぶどう・桃のかたわらで栽培されることが多く、しかも高齢化に伴い山梨県は耕作放棄地が全国でも1~2位を争うほどまで増えてしまっているのが実情で、すもも畑が野放しにされることも。そんな状況を危惧し、自ら農家となることですもも畑を主体に引き継ぎ、減農薬・草生栽培で環境に負荷をかけない農業を実践するのが「菊島西洋堂 東支店」の菊島史登さんです。

「すももは山梨の文化の一つだと思ってるんです。すもも畑が廃れていくのは、先祖代々が築いてきた生活の糧の一つが崩れていくということ。そんな状況にはしたくなかった」そう話すのはすももの産地、笛吹市境川で就農した菊島さんです。実家は甲府市にある「菊島西洋堂」という菓子卸問屋。甲府から見ると笛吹市は東に位置することから、「菊島西洋堂 東支店」と屋号をつけました。

一般的にすももは、坪当たりの収量・単価の高いぶどうや桃のついでに栽培されることが多い作物。しかも平地の少ない山梨県では果樹畑は中山間地に多いため、斜面での農作業はこたえることから、すもも畑を辞めていく高齢者が多いのが実情でした。そんな畑を、菊島さんは若手農家仲間たちと引き継ぎながら、今では3ヘクタールのすもも畑を担っています。

すももとプラムって何が違うの?という方もいるかもしれませんが、実は同じもの。正確には「プラム」とは総称で、その中に「すもも(日本すもも)」や、「プルーン(西洋すもも)」が位置付けられています。さらにすももの中にも中国由来のものからアメリカ由来のものまで様々あり、菊島さんは約6種類のすももを育てています。

それも慣行栽培の基準から農薬の使用を7割削減した「減農薬栽培」を実現。さらに、あえて茂らせてから刈り取った雑草を敷いておくことで、土に炭素を循環させる「草生栽培」など、環境に負荷をかけない持続的な農業を確立していっています。そこまで栽培にこだわる理由はシンプルでした。「自分の子供にも安心して食べさせてあげたいですからね」

「樹上で完熟させたすももは本当に美味しいんです。この美味しさをもっと多くの方に知ってもらいたい」と菊島さんは話します。酸っぱいイメージもあるすももですが、完熟のすももは酸味の中に甘みと香りが広がり、夏の暑さを忘れさせてくれる清涼感を感じさせてくれます。すもも嫌いの方も好きになるという完熟のすももを、是非この夏ご堪能ください!

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 菊島西洋堂 東支店

    生産者名 菊島西洋堂 東支店 詳細

    山梨県笛吹市で、すももを主体に減農薬・草生栽培で生産する農家。完熟のすももに魅了され、すもも畑を廃れさせてはいけないと自らが農家として就農することで、山梨の一つの文化を継いでいこうと実践中。続けたくても続けられなくなった農家からすもも畑を引き継ぎ、今では5ヘクタールものすもも畑を担っている。

関連商品