【くらしのコツ】そこに、在り続けること

200505_01

おたより/レポート

2020/05/04

日々のくらしを見つめなおすコツを紹介します。
 
昨今の外出自粛で、いつもの“ふつう”ができない日々が続きます。
いつもの場所に出かけられない、いつもの顔に会えていない……あたり前のことから遠ざかる時間が長くなり、以前は“ふつう”に存在していたはずのことに、いつか消えてなくなってしまうのではないかというような、先の見えない不安が募ります。
 
しかし、地域に根差した知恵や情報を共有し、地域のためにずっと在り続けている拠点があります。
今は集まり、空間を分かち合うことはできないけれど、それでもさまざまな技能を持った人たちが、一人ひとり、今、自分にできることをいち早く、目に見えるかたちで、地域の人々に届けています。
 
無印良品『ローカルニッポン』では、ふたつの地域での取り組みを紹介しています。
 
一つ目は、埼玉県草加市を舞台とした活動です。さまざまな発想と手仕事を元に、知恵を分かち合い、地域の寄りどころとなっている、シェアアトリエを紹介します。
今ここで、できること。埼玉県草加市|無印良品 ローカルニッポン
 
二つ目は、岐阜県岐阜市に拠点を構える、とあるデザイン会社の、情報発信を軸にした「今ここで、できること」です。地域に根差した情報や岐阜の魅力について、多面的な発信を続けています。
今ここで、できること。岐阜県岐阜市|無印良品 ローカルニッポン
 
200505_02