【くらしのコツ】“等身大”で、地域の声をつなぐ

200603_01

おたより/レポート

2020/06/02

日々のくらしを見つめなおすコツを紹介します。

新たな日常を過ごす中で、それぞれの地元に目を向ける時間が、以前に比べて増えているように感じます。
かつては、くらしのすぐそばに存在していた、“人が主役の商い、顔の見える経済圏”だった商店街が、まちから消えつつあることに、あらためて気づかされます。

無印良品『ローカルニッポン』では、等身大の“小商い”と、そこから生まれる“コミュニティ”を育み、新しいつながりの在りかたを創る活動を紹介しています。

今ここで、できること。 埼玉県北葛飾郡杉戸町
 
200603_02