【くらしのコツ】バスマットで、浴室の水気も拭く

200604_03b

おたより/レポート

2020/06/04

日々のくらしに役立つコツを紹介します。

気温も湿度も高くなる梅雨は、水まわりにカビやぬめりを出さないための、ひと手間を。
たとえば、最後におふろを使ったら、足を拭いたバスマットで、そのまま浴室の水気も拭き取ります。

できるだけ広い範囲を拭けると良いですが、四隅の角やドアの溝など、カビのできやすいところの水気を取るだけでも、効果はあります。
スキージーを先にかけておくと、拭き取りがさらに効率的に。

バスマットをすぐに洗濯できないときは、雑菌が繁殖しないよう、吊るして乾かします。
衛生的に扱いたいなら、乾きやすい麻を加えた、綿麻のバスマットを。
 
200604_02