【くらしのコツ】それぞれの濃淡で関わる、“公共の場”

200701_01

おたより/レポート

2020/06/30

日々のくらしを見つめなおすコツを紹介します。

公共施設が休館し、市民活動の舞台が奪われた、新型コロナウイルスの流行拡大。足を運んで同じ空間に集まり、顔をつき合わせることの難しい時期が続きました。
しかし、一方ではコロナ禍をきっかけに、「オンラインで集い、自分のペースで関わっていく」人と人のつながりと、その可能性に気づかされることも増えました。

無印良品『ローカルニッポン』では、福岡県久留米市からはじまった『オンライン公民館』の取り組みを紹介します。
今まではつながることのなかった“ご近所さん同士”が、それぞれの濃淡で関わりあう、新たな公共スペースの在りかたを模索しています。

今ここで、できること。福岡県久留米市
 
200701_02