【くらしのコツ】自分で詰めた、水を持ち歩く

200903_01

おたより/レポート

2020/08/20

日々のくらしに役立つコツを紹介します。

こまめな水分補給や、環境への意識の高まりから、水筒やマイボトルを持ち歩く動きが増えています。
入れる飲みものには、お茶やコーヒーを準備することもありますが、習慣が身につくまでは手軽に、まずは水をそのまま持ち歩いてみるのも、おすすめです。

自分で詰めた水を持ち歩くことは、健康や環境のためだけでなく、もしもの備えにもつながります。
水は、緊急時の体調を守ってくれるのはもちろん、けがをした個所を洗い流したり、衛生を保つことにも役立ちます。

そのまま飲めるきれいな水が、いつでも手元にあることは、安心をもたらしてくれます。
からだのために、地球のために、そして、もしものときの備えとして、マイボトルや水筒に水を入れ、持ち歩く習慣を。


無印良品では一部のお店で、フィルターを通した水道水が給水できるサービスをはじめています。
自分で詰める水

 
200903_02

関連記事

関連商品

自分で詰める水のボトル 容量 330ml

消費税込190