【くらしのコツ】玄関に、正月飾りを出す

玄関に、正月飾りを出す

おたより/レポート

2020/12/17

日々のくらしに役立つコツを紹介します。

今年も、年の瀬が近づいてきました。
大掃除やおせちの準備、肌着やタオルの新調など、新年を迎える準備を整えたら、仕上げに玄関へ正月飾りを。

最近では、新米の稲わらでしめ縄をつくるワークショップなども注目されていますが、正月飾りは必ずしも、大掛かりなものでなくても構いません。
大切なのは、年の終わりにくらしまわりを整えて、年神様を迎える準備をする、心そのものです。

一般的には、松の内(12月13日)以降に出すと言われる正月飾りですが、「苦」を連想させる29日と、「一夜飾り」の31日は、飾りつけを避けたほうが良い日とされています。

おうちをきれいに整えたら、年神様をお迎えする正月飾りを玄関に、あらたな年への想いを込めて。
 
201217_02