【くらしのコツ】数を持つ道具は、“しまいやすさ優先”で

数を持つ道具は、“しまいやすさ優先”で

おたより/レポート

2021/01/04

日々のくらしに役立つコツを紹介します。

新しい年を迎え、くらしの環境もより心地良く整えたいもの。
毎日使う家事の道具を選ぶ基準はさまざまですが、たくさん数を持つものほど、片づけるときの手間や、収まりの良さを優先して考えるのも、一案です。

たとえば、必要に応じて買い足すことが多く、気がつけばサイズがばらばらになりがちな、洗濯ハンガー。
同じかたちに揃えておくと、さっと集めるだけで手の中で揃い、数本だけが中途半端に飛び出たりすることもありません。

素材の色をそのまま生かしたアルミ製のハンガーは、物干台やランドリールームでも目立たず、くらしの背景にしっくりとなじみます。
おうち時間が増えたいま、たくさん持つ道具はかたちも色も揃えておいて、使うときにも片づけるときにも、美しく収まるように。
 
210107_02

関連商品