綿の風合いを生かした
洗いざらしのシャツ

綿本来の風合いを生かした洗いざらしの生地は、
はじめて袖を通したときから肌によくなじみます。
アイロンをかけずに着慣れた生地感を活かしてみたり、
きれいめなコーディネートにも合わせられます。
一枚でも重ね着や羽織りとしても一年中着られるシャツです。

つくる人にも地球にもやさしいオーガニックコットン100%

無印良品にとって、
綿はもっとも
大切な自然素材のひとつです。

20年以上にわたり、オーガニックコットンの割合を増やす取り組みを続け、2018年より衣料品のほぼすべての綿がオーガニックコットンになりました。

細部にわたって、
着やすさを追求しています。

  • さっと羽織れて、
    着心地のよい洗いざらし仕上げ

    綿本来の風合いを生かした生地は、洗濯をしてそのまま着ていただくことはもちろん、アイロンをかけてきれいに着ていただく事もできます。

  • 丈夫さ、デザイン。
    どちらも大切にしました。

    前立てとカフス、襟にはしなやかな芯を使うことで、型崩れのしにくさと肌当たりの良さを両立しました。袖を捲くったときには収まりのよい長さになっています。

  • ちょうど良い丈感

    一枚で着ても、インにしても着回ししやすい丈です。

  • 留め外ししやすいボタン

    「おはじき」にヒントを得て、ボタンの裏側に幾筋もの溝を刻み、指にひっかかりやすく、つまみやすくしました。

オックスフォードシャツ

肌触りのよさと丈夫さが特長のシャツです。少し厚地でアイロンなしでもハリのある風合いを保てます。1枚で着るのはもちろん、Tシャツなどの上からさらっと羽織るのもおすすめです。

モデル身長:162cm / 着用サイズ:M

肌触りのよさと丈夫さが特長のシャツです。少し厚地でアイロンなしでもハリのある風合いを保てます。1枚で着るのはもちろん、Tシャツなどの上からさらっと羽織るのもおすすめです。

モデル身長:178cm / 着用サイズ:L

こどものシャツにも大人と同じオーガニックコットン100%のシャツを。優しい洗いざらしの生地がこどもの動きも邪魔しません。無印良品の定番シャツは、ベビーから大人までサイズを変えながら着ることができます。親子でリンクコーデを楽しめます。

モデル身長:128cm / 着用サイズ:120

襟の選び方

首元は視線が向きやすい場所です。襟によって全体の印象もかわってくるため、どんなシーンで着るのかを意識して襟のかたちを選ぶのがおすすめです。

  • ボタンダウン

    スポーツウェアを起源とするボタンダウンは、ノーネクタイ派の方におすすめです。
    カジュアルシーンで活躍するのはもちろん、ネクタイをしめなくてもきれいなシルエットを保つことができるため、ビジネスシーンでもクールビズ時の襟型としても人気です。

  • スタンドカラー

    クラシックな雰囲気をもつスタンドカラーは、首元をすっきり見せることができます。
    フォーマルな装いからカジュアルなシーンまで幅広く対応することができ、一枚着としてはもちろん、羽織りとしての着こなしもできる汎用性の高さが特長です。

ブロードシャツ

手触りのよさ、丈夫さ、透けにくさ、すべてにすぐれた「理想のシャツ」をお届けするため、綿のなかでも特に長い繊維である「超長綿」を使ったシャツが完成しました。綿本来の風合いを生かした洗いざらしの生地は、着はじめたときから肌によくなじみます。

モデル身長:162cm / 着用サイズ:M

手触りのよさ、丈夫さ、透けにくさ、すべてにすぐれた「理想のシャツ」をお届けするため、綿のなかでも特に長い繊維である「超長綿」を使ったシャツが完成しました。綿本来の風合いを生かした洗いざらしの生地は、着はじめたときから肌によくなじみます。

モデル身長:178cm / 着用サイズ:L

超長綿ブロードシャツ理想の白いシャツができました。

綿花のなかでも、繊維長が特に長い35mm以上のものは「超長綿」と呼ばれ、手触りのよさ、丈夫さ、透けにくさのすべての条件を満たした理想の素材といわれています。しかし、オーガニックの超長綿は世界的にも生産量が少なく、全世界の綿花生産量のわずか0.02%ほどしかありません。

「超長綿洗いざらしブロードシャツ」の生産にあたって無印良品では商品開発者が実際に綿花農場に足を運び、種を植え、雑草取りや手摘み収穫を経験をすることで、農家の方々との関係を深めながら、少しずつ希少な綿の生産量を増やしていきました。

シャツのサイズ選び

ちょうどよいシャツのサイズ選びは、ボトムによって決まります。ゆったりしたボトムには、ボトムの位置が下がるのでシャツは1サイズ大きめ選ぶのがおすすめです。すっきりしたボトムには、股上が浅かったり、ウエスト位置があがったりするので、シャツはジャストサイズを選ぶとバランスがとれます。

シャツのジャストサイズは、肩の位置と袖丈が合っているか、身幅がボタンを留めたときに横にシワが入っていないかを目安に選ぶのがおすすめです。

サイズ選びに迷われたときは、スタイリングアドバイザーのいる店舗へ、お気軽にご相談ください。

くらしによりそうシャツ

無印良品を愛用してくださっている
彦坂木版工房の彦坂有紀さんと、もりといずみさんの暮らしをご紹介します。

無印良品のシャツについて

私たちにとって無印良品のシャツは、近所のパン屋さんのパンのような存在です。
パンは毎日のように食べるものだから、素朴で飽きのこない食べ慣れた味に限ります。
遠出して美味しいパンをわざわざ食べに行くのもいいけれど、やっぱり食べ慣れたいつものパンが食べたくなります。

シャツも同じで、毎日のように着るものだから凝ったデザインやこだわりのものでなくて良いです。
着ていて飽きない「これでいい」と思えるシャツが無印良品のシャツです。

彦坂木版工房について

2010年に彦坂有紀さん(写真左)と、もりといずみさん(写真右)が始めた木版工房です。木版の素晴らしさを伝えるため、展示会や木版のワークショップを行っています。
著書に『パン どうぞ』(講談社)や『おもち』(福音館書店)などがあります。また、食品のパッケージや広告、雑貨のイラストなど幅広く活動中です。