くらしに合わせて選ぶ ハンガー・洗濯用品

素材や用途で選べるハンガーは、洗濯をするときだけでなく、衣類を収納するところまでを考えました。
「洗う」から「しまう」までの行動を軸に、くらしの中で感じ良く使えるハンガーと洗濯用品です。

素材や用途で
選べるハンガー

素材が異なる種類のハンガーでも、気持ち良く使えるように、幅や角度・サイズを整えました。
衣類の洗濯、クローゼットへの収納、季節の衣類の保管などの用途や、ハンガーにかける衣類の種類やサイズに合わせて選べます。

 

アルミハンガー

約幅33cm / 約幅42cm / 約幅45cm

乾いたあと、衣類の肩が出っ張らないように形状を工夫した洗濯用ハンガーです。いつでも気軽にお使いいただけるよう、買いやすい価格に見直しました。

 

アルミハンガー・肩ひもタイプ

約幅42cm

干しやすさはもちろん、乾いたあとの衣類のカタチまで考え、肩が飛び出ないよう形状を工夫しました。肩ひも付きの衣類を干したときにずれ落ちないように、くぼみが付いています。

 

ポリプロピレンハンガー

約幅33cm / 約幅42cm / 約幅45cm

衣類の首元を伸ばさずともハンガーを通せるように、襟に当たる部分にくぼみを設けました。首回りのたるみや伸びを防げるので、お気に入りの一着をより永くお楽しみいただけます。

 

ポリプロピレンハンガー

約幅40cm / 約幅45cm

衣類の肩や襟元が型くずれしないように、形状を工夫しました。クローゼットの中で場所を取らない、薄くフラットな形状の薄型ハンガーもあります。

 

木製ハンガー

約幅40cm / 約幅45cm

季節ごとに入れ替えるコートやジャケットの収納に適した、天然木のブナ材製ハンガー。アルミ製のフックなので、異なる素材のハンガーと相性も良く、すっきりと統一して見せられます。

まとめて揃えるなら、セットが便利

くらしに合わせて、必要な分を買い足ししやすいように、お得なまとめ買いセットを用意しています。毎日の洗濯や、クローゼットへの収納に合わせて、ハンガーのサイズや素材を揃えておくことですっきりとまとまります。

洗濯用品

自分のくらしに合うものを。
本当に必要な成分だけでつくった洗剤や、洗濯物の種類で選べる洗濯ネット、くらしのサイズに合わせて干す角型ハンガーなど、洗濯に役立つ商品を取り揃えました。

洗う

毎日の洗濯を快適に。
本当に必要な成分以外はすべて省いた洗剤や、洗濯物を手早く、やさしく洗うための洗濯ネットなどを用意しています。

肌のことを考えて、洗う

衣類用洗濯洗剤・柔軟剤

無香料・無着色。しっかりと汚れは落とし、繊維に残りにくく排水後も微生物によって分解されるよう、肌にやさしく環境に配慮しました。ストックに便利な詰め替え用もあります。

手早く、やさしく洗う

両面使える洗濯ネット

裏表のないリバーシブル仕様で、さっと手に取って手早く洗濯物を入れられます。一つの家庭で複数使っていることも想定し、サイズがわかるように色違いのフック紐を付けました。

丁寧に洗いたいときは、つけ置き洗いを

つけ置き洗いにぴったりの、フタ付きのバケツです。内側には1リットルごとの目盛が付いているので、洗剤などを入れる際の目安になります。水を入れた状態でも持ち運びしやすいように、取っ手には丸みをつけました。

干す

室内・屋外、どちらでも。
洗濯物の種類や量、室内やベランダ・屋外など、干す場所もさまざま。それぞれのくらしのサイズに合わせて選べるように考えました。

手軽に、運ぶ

ランドリーバスケット

軽量なメッシュ素材で、洗濯物が蒸れにくく中身も見えて便利。内側の持ち手があるので、片手でも持ち運びしやすいです。使用しないときは、フックがけをしたり畳んでしまえます。

軽く、使いやすく

アルミ角型ハンガー

フレームは軽いアルミ製、ピンチは衝撃に強いポリカーボネートを使用しました。調整フックを追加すれば、低いポールでも衣類が床につかないように干すことができます。

かけたいものを、かけたい所で

アルミ壁面用ハンガー ・直線ハンガー

ちょっとしたスペースを有効に。半円形で壁面に掛けたときに斜めになりにくい壁面ハンガーや、コンパクトな直線型ハンガーは、室内干し向きで、ランドリースペースの隙間やキッチンなどにちょうど良いハンガーです。

ランドリーセット 消費税込2,990 新生活のスタートに。くらしの基本となる、使いやすい洗濯用品をセットにしました。新しい生活をはじめるのにほど良い分量を組み合わせています。
ランドリーセット 消費税込2,990 新生活のスタートに。くらしの基本となる、使いやすい洗濯用品をセットにしました。新しい生活をはじめるのにほど良い分量を組み合わせています。

さっと乾かす、室内干し

洗濯物を干す間隔を空けたり、サーキュレーターを使用して風を当てると、乾燥が早く進みます。アルミ室内物干しは、動かしやすいキャスター付きで、設置も移動も簡単にできます。

しまう

次に使いやすいようにしまう。
毎日のように使う洗濯用品。整理整頓をしておけば、次に使うときも気持ち良く使えます。見た目もすっきりとさせて、片付けておきましょう。

まとめて、すっきりと

洗濯用品の収納

洗濯用品は、いろいろなサイズと種類があるので散らかりがちです。ファイルボックスややわらかポリエチレンケースを活用すれば、ハンガーや洗濯まわりの小物をまとめておけます。