くらしと寝具ふとん・まくらの選び方

1日の約3分の1を費やす眠りにかかせない「まくら」と「ふとん」。
心地良い眠りを追求し、素材や機能性を考えてつくりました。
好みのボリューム感、素材、かたさなどに合わせた選び方のポイントを紹介します。

選び方のポイント

  • ボリューム

    羽毛がたっぷり入ったふとんは、つつみこまれる感覚と、あたたかさにすぐれます。毛布などが不要になるメリットもあります。羽毛の量の少ないふとんは寝返りがしやすいことや、お手入れが手軽になったり、ふとんの組み合わせがしやすい利点があります。選ぶ際は羽毛の量をひとつの基準としてみましょう。

  • ダウンパワー

    ダウン(羽毛)が空気をふくんで、ふかふかと膨らむ力をあらわす単位「ダウンパワー」。この値が大きければ大きいほど、保温性にすぐれ、あたたかく良質な羽毛布団になります。羽毛布団のあたたかさやふわふわとした弾力を知りたいときはダウンパワーを確認してみましょう。

  • ふとんのキルト構造

    二層式・一層式とふとんのキルト構造の違いによってあたたかさが変わります。羽毛の膨らむ力を生かし、あたたまった空気を逃がさないように構造された二層式と、ほどよいあたたかさで組み合わせによりシーズン通して使える一層式。くらしに合わせて選びましょう。

ふとんの種類

心地良い眠りを追求し、素材や機能性を考えてつくりました。
二層式構造や薄掛ふとんなど、豊富なバリエーションから、くらしの変化に応じて、永くお使いいただけます。

グレー羽毛掛ふとん 二層式

真ん中から二層に分けることで羽毛の偏りを防ぎ、体温をまんべんなく包み込む二重構造のキルトを採用。羽毛の膨らむ力を生かし、あたたまった空気が逃げるのを防ぎます。

  • 冬は毛布を使わずに一枚で充分あたたかいふとんです。
    暖房が苦手な人や季節に応じて毛布などと使い分けたい場合におすすめです。
  • ウクライナ産ダウンパワー400のグレーグースのダウンです。たっぷりの充填量であたたかさ抜群。生地には静電気防止加工を施しています。

比べてみる

掛ふとん⽐較表(シングルサイズ)

  グレー羽毛掛ふとん
二層式
グレー羽毛掛ふとん
二層式・薄型
グレー羽毛掛ふとん
軽量一層式
グレー羽毛薄掛ふとん
消費税込価格 39,900 29,900 19,900 9,900
羽毛の種類 グレーグース グレーグース グレーダック グレーダック
詰め物重量 1.3kg 0.9kg 0.8kg 0.2kg
詰め物混率 ダウン85%
フェザー15%
ダウン89%
フェザー11%
ダウン80%
フェザー20%
ダウン80%
フェザー20%
ダウンパワー 400 400 350 350
構造 二層式
立体キルティング構造
二層式
立体キルティング構造
一層式
マチ付キルティング構造
薄型構造
(マチなし)
  詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる 詳しくみる

永く使うために

永く使用していると、どうしても傷や汚れなどがついてしまいます。
きちんとしたお手入れや保存方法を知ることで、より永くふとんを愛用していただけます。

  • 日頃のお手入れ

    日頃のお手入れとして天日干しがありますが、羽毛布団は頻繁に干す必要はありません。干す際はお天気の良い乾燥した日にすること、また月に1~2回(湿度の低い時間帯で2~3時間程度)を目安にしましょう。長時間の布団干しは生地の傷みや色褪せにつながります。

  • 叩くのは避ける

    ほこりやダニを除去する際にふとん叩きをするという場合がありますが、ふとんを叩くことで中の詰め物や生地を傷めてしまうため避けましょう。ほこりやダニを除去する際はふとん叩きよりも掃除機のほうが詰め物や生地を傷めにくく効果的です。

  • 保管方法について

    ふとんを保管する際は、ふとんをしっかりと乾燥させておくことと保管場所の湿気を飛ばしておくことが重要です。保管後も定期的に空気の入れ替えやふとんがつぶれていないかなどを確認することで、ふとんを傷めずに永く使うことができます。