おうちで、はたらく

テレワークへ心地良く取り組む、コツ

部屋を広く使う

テレワークをはじめると必要になる、机や椅子でつくる作業場所。とはいえ、くらしの空間が狭くなるのは避けたいもの。おうちで作業をしつつ、部屋を広く使うコツを紹介します。

折りたためるテーブルで、仕事終わりに、デスクごとしまう

くらしの空間を広く保つことを優先するなら、仕事終わりにたたんでしまえるテーブルを。折りたたみ式のテーブルは、たたむと厚さ約10cmになります。折りたたみ式のチェアと組み合わせたり、12cm脚のソファと組み合わせて使っても。

ユニットシェルフを組み替え、棚のなかに、デスクスペースを

無印良品のスチールユニットシェルフやステンレスユニットシェルフは、デスクのように組み替えることができます。通常のチェアとデスク天板の高さを合わせるときには、『高さ調整金具』を使います。

※デスクへの組み替えには、『高さ調整金具』や『帆立補強パーツ』などが必要になります。詳しい組み替えの条件については、お店のスタッフへ問い合わせください。

ダイニングテーブルを、テレワークでも使う

食事のためのダイニングテーブルを、テレワークのデスクとしても使えるものに見直し、テーブルの役割を集約させて、くらしの空間を広く使います。テーブルの上にはものを置きっぱなしにせず、都度、使うものを出し入れして切り替えを。

目線の低いローテーブルで、出したままでも、圧迫感を下げる

床に座って使うローテーブルは高さが出ないため、立ち上がった目線では空間に抜けがあり、部屋の圧迫感を軽くできます。座いすや座ぶとんと組み合わせて、目線の低いデスク環境を。

 

月額定額サービス

くらしの基本となるベッドやデスク、収納家具。
「必要なモノ」を「必要な期間」だけお使いいただける、月額定額サービスをご用意いたしました。
「買ってもよし。借りてもよし。」の新サービスです。

 

くらしの相談を承ります

無印良品のインテリアアドバイザーが、くらし方や間取りに合わせた商品選びから、家具の配置、収納のプランニングまで、一人ひとりにあわせた部屋づくりをお手伝いします。
お店での相談に加えて、オンライン相談もはじまりました。以下のリンクより、予約を承ります。

集中できる
空間をつくる

くらしの空間は、家族と過ごす共同生活の場所でもあります。くつろぎの場と切り分けて、おうちで集中してテレワークに取り組むための、空間づくりのコツを紹介します。

自立するシェルフで、パーテーションをつくる

くらしの空間とワーキングスペースの間をシェルフで仕切り、明確な境界を。組み合わせできる『スタッキングシェルフ』で、好みの高さや幅の仕切り棚をつくります。

※壁に接していないスタッキングシェルフの作例には、高さなどに制限があります。詳しくは、お店のスタッフまで問い合わせください。

ドアのない入口は、カーテンで仕切り、境界線を

テレワーク中に同居人の立ち入りを抑えたいなら、ドアのない入口には、カーテンで仕切りを。『麻平織ノンプリーツカーテン』は、リングランナーやクリップランナーと組み合わせてアジャスターポールに吊るすほか、カーテン本体に直接アジャスターポールを通して使うこともできます。

専用のデスクとチェアを整える

本格的にテレワークへ取り組むなら、やはり自分専用のデスクで環境を整えるのが、集中への近道です。しっかりと業務へ向き合えるデスクとワーキングチェアを。

手元の明るさは、
目にやさしく、見えやすく、
デスクの上はごちゃごちゃさせない

集中して作業を進めるときには、目に負担がかからないよう、手元の明るさをしっかりと保つことが大切です。デスクの上をごちゃごちゃさせずに必要なものをまとめる工夫も。

長時間のデスクワークを快適に過ごす

ふんわりとした感触の中わたを使用しました。伸縮性のある側地でもちもちとした使い心地です。背当てにも使えるよう、マチの形状を工夫しています。マチが狭くなっている部分を上と下にして椅子の背もたれに置いてもたれかかると脇から出るクッションが程良く腕を支えてくれます。また、背もたれにタテ向きに置くと、腰から背中までをやわらかく支えてくれ休まります。リビングでくつろぐ際に胸の下に挟んだり、頭を載せて休むのにも最適です。

仕事道具を
整理する

くらしの道具や家族の持ちものと混同しないように。そして、おうちでの作業効率がより高まるように。テレワークで使う仕事道具を、すっきり整理するコツを紹介します。

仕事に使うものはすべて、
ひとつにまとめる

テレワークに取り組むためのデスクやテーブルは、家族で共有ということも少なくありません。持ち運びしやすい収納ケースへ、必要な道具や資料、文房具など、仕事道具をひとまとめに。

移動できる収納にしまい、
ふだんは、目につかない場所へ

仕事の資料や道具をまとめると、効率があがるだけではなく、勤務時間と日常生活の切り替えも、うまく図れます。キャスターがついたキャビネットなら、仕事が終わったら移動させ、くつろぎの時間には目につかない場所へ。

細かい文具は、
定位置を決めて戻す

キャリーケースや引出し、紙箱などに文具をしまうなら、仕紙切りを入れて、片付け先を明確に。文具それぞれの戻し位置を決めることで、散らかりを避けられるほか、使うものを吟味して持つ習慣も身についてきます。

良い印象で映る

ウェブカメラを通したオンライン会議では、自分はもちろん、おうちの様子も映像に映り込みます。画面から伝わる印象を好ましく保つ、カメラ映りのコツを紹介します。

顔色が良く映る。白いシャツ

よりさわやかな印象を届けたいなら、トップスの色は迷わず白を。レフ板のように顔色を明るく映してくれる効果が期待できます。ブルーなど明るめの色もおすすめです。一方、黒やネイビーなどの濃色は、落ち着いた印象を届けます。

背景に映り込む、
収納用品を揃える

オンライン会議で自宅の一部が映り込む場合は、散らかった印象にならないよう、映り込む位置にあるものを収納用品にしまい、揃えて並べると、見た目がすっきりと整います。

上手に
切り替える

おうちの同じ光景の中では、仕事とプライベートを切り替えるのが難しく感じることも。くらしの中で、仕事時間とくつろぎの時間をうまく切り替えるコツを紹介します。

部屋の香りを、
オンとオフで使い分ける

テレワークではまわりの環境が変わらないため、くらしの空間で仕事をはじめるとき、気持ちの切り替えに難しさを感じます。
そんなときは、たとえば香りを切り替えのスイッチに。
仕事をはじめる香り、仕事を終えてからの香りというように、空間の香りを使い分けることで、気持ちを切り替えます。

気分、
姿勢を切り替える

座り時間が長くなったら、高さがある台やテーブルの上で立ちワーク。オンライン会議も、顔の高さの台の上にパソコンを設置すれば、顔を映しながら立ったままで緊張感を保つことができます。

音楽を聴く

落ち着いた音楽でヒートアップした頭をクールダウンさせたり、楽しい音楽で気分を盛り上げたり、音楽を聴くことで気分転換。無印良品の店内BGMにも使われている世界の音楽は、すべて現地の演奏家、現地でレコーディングしたものです。各配信サービスでも気軽に楽しめます。

忙しくても
食事はきちんととる

オンライン会議が続きなかなかまとまった休憩時間が取れないときは、電子レンジで温めるだけの冷凍食品やレトルト食品が便利です。お盆の上に乗せれば、デスクを汚さず、ちょっとしたカフェ気分も味わえます。

ときには屋外で、
からだを動かしてみる

昼休憩など少し長い時間があるなら、部屋から屋外へ出て、大きく体操をして気分転換を。また、仕事終わりに散歩やジョギングなどの運動を習慣づけると、心地良い汗とともに、気持ちがうまく切り替えられます。

じっくり、
ラジオ体操をする

日本人がこどもの頃から慣れ親しんできた、ラジオ体操。テレワークの合間にからだを動かしたいときにも、なじみの体操でストレスのない運動を。ラジオ体操の音楽に合わせなくても、自分のペースで、筋肉の伸びを感じながら、じっくりとからだを動かします。

コーヒーブレイクで、
ほっと、ひといき

テレワークの合間に、席を立ち、コーヒーを淹れる休憩時間を。すっきりとした後味の中煎りは、一日のはじまりに。しっかりとした味わいの深煎りは、日中の気分転換に。アイディアが煮詰まったときは、片手で食べられるスティックバウムで糖分補給も。

コーヒーナップで、
頭をすっきり

昼にカフェインの入ったコーヒーを飲み、20分ほどの短い睡眠をとる「コーヒーナップ」。疲労感や眠気を感じるときに出る脳内物質のアデノシンを、コーヒーのカフェインで減らし、覚醒効果を最大限に引き出す効果があると言われます。コーヒーのカフェインが小腸で吸収され、脳に届くまでにかかる時間が、およそ20分。なので、それまでは昼寝をし、目覚めとともにカフェインの覚醒効果で、すっきりと仕事へ取り組めます。

小掃除

仕事を始める前、終えた後は気分を切り替えるためにもデスク周りの小掃除を。小掃除をきっかけに気持ちのオンオフをしましょう。

【くらしの事典】
気持ち良く一日をはじめる、朝の習慣

あわただしく過ごしがちな朝の時間を、小さな心がけで、より有意義なひとときに。今日をいっそう実りある一日にするために、できることから取り入れたい、朝の習慣を考えます。