くらしとテーブルテーブルの選び方

日々のさまざまなシーンで活躍する、ダイニングテーブルやローテーブルを揃えました。
ダイニングやリビングシーンはもちろん、ワークスペースとしてもお使いいただけます。
用途別や種類別に、あなたにぴったりのテーブルを見つけてください。

部屋の大きさやくらし方によって、テーブルの最適なサイズは異なります。
使用する人数に合わせて、ゆとりある大きさのテーブルを選びましょう。

1人~2人におすすめのテーブル

 

普段は2人暮らしだけど、時々友人が来て食事をする。

幅80cm~120cmの大きさがおすすめです。

  • ・2人で十分な大きさです
  • ・省スペースで4人まで使えます
  • ・初めての2人暮らしにおすすめです
  • ・デスクワークにも活躍します

テーブルサイズについて

家族のだんらんの場となるダイニングテーブル、食事をする際には、最低でも一人当たり「幅60cm×奥行40cm」というサイズが必要とされます。ランチョンマットを広げても余裕があるほどの広さが理想的です。

2人~4人におすすめのテーブル

 

4人暮らしだが、部屋が広くないので最小限で使いたい。

幅120cm~140cmの大きさがおすすめです。

  • ・4人でもゆったり使えます
  • ・大皿での食事にも十分な広さです
  • ・急な来客にも対応できます
  • ・並んで座っても余裕があります

6人以上におすすめのテーブル

 

大勢で座ってもゆったりと感じられる大きめの大きさが欲しい。

幅160cm以上の大きさがおすすめです。

  • ・6人以上でもゆったりと使えます
  • ・大人数で集まっての会食にもおすすめです
  • ・広々としたワークスペースにも使えます
  • ・二世帯など大人数にも対応できます

部屋の雰囲気やくらしの変化に合わせて、さまざまなシリーズをご用意しました。
天然木の表情を生かしたテーブルから、お気に入りを選んでください。

折りたたみテーブル

必要なときにサッと出せる折りたたみテーブル。
予備のテーブルやデスクとしてだけではなく、メインのテーブルとしても大活躍します。

 

おすすめのチェア

板と脚でできた木製テーブル

くらしに合わせて、幅80cm~180cmの5つの天板サイズと2種類の脚の高さで組み合わせが選べる木製テーブルです。無駄なデザインを省き、テーブル用の脚は簡単に付け替えられるねじ込み式を採用しました。

 

天板

商品を組み合わせる

本体と脚で様々な組み合わせができる木製テーブル。くらしに合わせて天板や脚の大きさを実際に確認できます。お値段の確認やそのままカートへの追加も可能です。

おすすめのチェア

リビングでもダイニングでもつかえるシリーズ

コンパクトなスペースで快適に過ごす。そんなコンセプトから生まれた商品です。
テーブルの高さを60cmにして、リビングでもダイニングでも使えるようにしました。

 

おすすめのチェア

木製テーブルシリーズ

角や引き出しを突き出すことなく、足もとを広々と使えるデザインのテーブルです。
天面には天然のオーク材を使用する事で、やさしい風合いに仕上げました。拡張機能のあるエクステンションテーブルは急な来客にも対応できます。

 

引き出し付テーブル

エクステンションテーブル

おすすめのチェア

丸脚テーブルシリーズ

日本の職人によって実現した、100年後も使い続けられる定番のテーブルです。天然木の特性である「節や虎斑」を生かしたホワイトオーク材を使い、丸みのあるデザインに仕上げた天板と脚が特長です。

 

おすすめのチェア

木製家具のメンテナンス方法

木製家具はやわらかな風合いが特長です。
プラスチックなどと違いお手入れが必要ですが、それにより愛着が沸き心地良い木の質感を永く楽しめます。

塗装の種類によって、メンテナンス方法が変わります。

  • ラッカー塗装木材の質感を残しつつ、
    塗膜が薄く滑らかでやわらかい光沢が特長

    日常のお手入れは、乾いたやわらかい布で軽く拭いてご使用ください。熱・水・薬品に特に弱いので、熱い器や、ぬれたコップなどを直接置くことは避けてください。

  • ウレタン樹脂塗装メンテナンスが容易で、塗膜に厚みと艶が
    ありツルツルとした手触りが特長

    日常のお手入れは、空拭き、もしくは硬く絞った布で水拭きを行ってください。ラッカー塗装に比べ水分は染み込みにくいですが、長時間の放置などは劣化の原因となります。

木製家具にとって、直射日光・冷暖房の風・水分湿気の3つが大敵です。

ダイニングテーブルの設置には動線が大切です

快適にくらすには、十分な動線が必要です。
設置場所のサイズだけではなく、
使用する際の周囲の広さなども確認する事が大切です。

  • ポイント1テーブル周りの動線

    ① チェアに座ったときの寸法は奥行約40cmが必要です。
    ② 座っている人の後ろを通る動線は60cm必要です。
    ③ テーブルから壁まで100cmあると、座っている人の後ろを楽に通れます。

  • ポイント2椅子を引く寸法

    立ち上がる際に椅子を引く寸法は約75〜80cm必要です。

    狭いと十分に椅子を引くことができず、立ち上がりが窮屈であるだけでなく、後ろの壁や家具にぶつかり傷や破損の原因となります。

  • くらしとソファ ソファの選び方

    ベーシックなデザインのソファから、お部屋の広さに合わせて組み合わせて使えるソファまで。くらしのスタイルや使い方に合わせられるソファを揃えています。

  • くらしとベッド ベッドの選び方

    ベーシックなデザインのベッドから、収納家具として使えるベッドまで。くらしのスタイルや使い方に合わせられるベッドを揃えました。

  • くらしと寝具 ふとん・まくらの選び方

    1日の約3分の1を費やす眠りにかかせない「まくら」と「ふとん」。心地良い眠りを追求し、素材や機能性を考えてつくりました。好みのボリューム感、素材、かたさなどに合わせた選び方のポイントを紹介します。

木製テーブル

天板のサイズを選ぶ

  • 80×40cm
  • 120×60cm
  • 80×80cm
  • 140×80cm
  • 180×80cm

脚の長さを選ぶ

  • 35cm
  • 70cm