広島パルコ

おべんとう

【広島パルコ】たのしいお弁当DAYS|MUJI BOOKS

MUJI BOOKS

2021/04/30

こんにちは。MUJI BOOKS 広島パルコです。
 
春は、何か新しいことを始めたくなる季節。
そこでぜひご提案したいのが、毎日のお昼が楽しくなるようなお弁当作りです。
 
 
MUJI BOOKS 広島パルコでは、只今7階Open MUJIにて特集『毎日食べたいお弁当』を展開しています。
おべんとう2
 
新生活が始まった方は毎日のお昼ごはんに。また春の気持ちのいい天気の中、おいしいお弁当をってピクニックもすてき。
 
今回は、この特集からのご紹介です。
 
 
『ツレヅレハナコのじぶん弁当』
出版社:小学館 著者:ツレヅレハナコ 税込 1,210円
ツレヅレハナコ
自分のためのお弁当、だから自分の好きなものを入れていい。一日トータルで食事のバランスが取れればいいし、週3も作れば上等。ツレヅレハナコさんのように自分ルールで考えると、何だかお弁当作りって全然苦じゃないどころか楽しそう。見ているだけてお弁当欲がムクムク湧いてきます。
 
 
『藤井弁当 お弁当はワンパターンでいい!』
出版社:学研プラス 著者:藤井 恵 税込 1,320円
藤井弁当
ワンパターンなのはおかずではなく、作り方をパターン化するということ。卵焼きを作っても卵焼き器ってそんなに汚れない、だったらそこでもう2品作ればいいという発想。野菜を茹でたりお肉も焼いたり、確かにコレはかなりラク。一人暮らしでコンロが一つしかないという方にもピッタリです。
 
 
『サンドイッチいただきます』
出版社:ポプラ社 著者:岡村 志満子 税込 1,045円
サンドイッチ
お弁当に作って行ったサンドイッチって、無性においしいですよね。こちらはサンドイッチの作り方を楽しく学ぶしかけ絵本。ページ自体がパンや具材になっていて、ページをめくるごとにサンドイッチができてくる。本を読むというより本当に作っているような感覚で、お弁当作りも楽しくなりそうです。
 
 
お昼においしいお弁当が待っていると思うと、仕事や勉強も俄然頑張れる気がしてきませんか。それに食べたいものを入れられる、だから自分で作るお弁当って最高なんですよね。
 
お弁当作りがマンネリ化している方や、新たにチャレンジしたい方も、本からきっとたくさんの発見があるはず。
 
 
ちなみに、無印良品はランチボックスのバリエーションもとっても豊富。新商品で『バックル付き弁当箱』や、『ポリプロピレン サンドイッチケース』なども加わりました。
キッチン
こちらは8階のキッチン用品売場で展開中です。
無印良品のランチボックス・マグはこちら
 
 
新しいお弁当箱も新調したら、気分も変わって楽しそうです。ぜひ店頭でお手に取ってご覧くださいね。
 
MUJI BOOKSはこちら     

 
無印良品 広島パルコ

関連商品