ららぽーと富士見

キービジュアル画像:お菓子のカウントダウンカレンダー

【ららぽーと富士見】お菓子のカウントダウンカレンダー

その他

2019/11/28

こんにちは。ららぽーと富士見です。
大好きな絵本作家さんは本物のモミの木を暖炉の部屋の前に運び込み、ご家族で作ったジンジャークッキーを飾り、クリスマスに本物のろうそくを灯します。憧れです。
全部同じようにするのは難しいので、自分たちで楽しみながらつくりあげるという事を真似してみました。

そうして出来た、今年の我が家のクリスマスツリーを紹介します。折り紙で折りました。

実はこのツリーの土台は以前紹介したわたがしおばけちゃんの帽子を大きくつくり、サイズを変え重ねたものになります。
わたがしおばけちゃんの記事はこちらから

大きい折り紙は15センチ角のものを新聞紙を土台としてあえて水のりで貼り付けました。
乾くとしわしわもしますが、パリパリした感じになって、表面に味わいがでます。

ツリーに付けているお菓子は全部で24個。ツリーは4セクションに分かれているのでお菓子は6個ずつ付けます。
カウントダウンカレンダーの役割も兼ねております。
カウントダウンカレンダーにおすすめの大袋菓子はこちら。

・洋菓子ミックス 20個入 写真左
小さくてもひとつひとつしっかりとした洋菓子が3種類入っています。


上左時計回りで
ガトーショコラ
チーズ風味のタルト
マドレーヌ
(私の一押しはマドレーヌです)

・いちごのジャムパイ 写真右
定番人気のいちごジャムパイをツリーに飾りました。

いちごのジャムの赤い色がクリスマス感をアップさせます。

お菓子を挟む木製ピンチには小さな鈴を飾ります。刺繍糸の中途半端な長さになったものをとっといたのを使うチャンス。刺繍糸を2回巻きつけ、鈴を通して蝶々結びします。揺れるとチリチリかわいい音がします。

飾っていきます。

ここで我が家のご意見番から
「星は飾らないの?」と鶴の一声。
「かしこまりました!」星飾ります。
星はプラ板で作ろう。
プラ板でこんなに大きなものをつくるのは初めて。

うまくまっすぐならなかったけど、ボコボコでも、良し。

キラキラさせて、てっぺんに付けます。


星をつけ、12月1日から1つずつ食べていくと食べ終わった日がクリスマスとなります。
その前に食べ終わってしまいそうですが。。。

そうしたらまたお菓子をつけて楽しみましょう。

その時は、お菓子を無印良品に買いに行こう。
ツリーの下はサンタさんと金のトナカイさん、銀のトナカイさんがプレゼントを準備しています。忙しそうです。

我が家のご意見番は母です。
どっちがいいかな?の質問には「あなたの納得する方でいいんじゃない。」と、答えてくれません。
ですが、鋭いツッコミをくれるので、思わぬ方向から創作意欲に弾みがつきます。

これが我が家流の楽しみ方なんだと思います。
みなさまもクリスマス、準備からお楽しみくださいませ。

無印良品らららぽーと富士見

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い