MUJIキャナルシティ博多

【MUJIキャナルシティ博多】9月のおすすめ本|MUJI BOOKS

キービジュアル画像:9月のおすすめ本|MUJI BOOKS

イベント・地域情報/地域情報

2019/09/11

こんにちは。MUJI キャナルシティ博多です。

 

今回は、MUJI BOOKSでお取扱しているタラブックスの紹介をします。

 

タラブックスは、南インド・チェンナイを拠点とする小さな出版社です。1994年に設立され、二人のインド人女性が中心となって活動しています。

タラブックスを代表するのが美しいハンドメイドの絵本。インドの民俗画家による絵を、ふっくらとした風合いの紙にシルクスクリーン印刷という版画の技法で一色ずつ印刷し、職人が糸で製本した、工芸品のような本です。目で見て、肌で感じて楽しむことが出来ます。

画像は同じ『夜の木』ですが、日本語ver.と英語ver.です。

表紙の絵が全く違いますよね。

本は作成した時期で中身が少しずつ違い、シリアルナンバーも入っています。まさに自分だけの一冊ですね。

 

現在、天神イムズ8階の三菱地所アルティアムでは、タラブックスの展覧会が開催されています。

世界を変える美しい本 インドタラブックスの挑戦

期間 2019年8月31日(土) − 10月6日(日)

2017年より全国を巡回した展覧会は、福岡・三菱地所アルティアムが最終会場。展覧会の後はぜひキャナルシティ博多にも足を延ばしてみて下さいね。

 

10月は当店でシルクスクリーンのワークショップも企画中です。詳細が決まりましたらMUJIpassportアプリ、無印良品ホームページでお伝えします。お楽しみに!