みんなみの里

かずのえほん

【みんなみの里】北欧からのほっこり絵本 | MUJI BOOKS「里山良本」

MUJI BOOKS

2020/07/24

 増刷待ちだった絵本が、ようやくみんなみの里にも入荷しました。
 アイノーマイヤ・メッツォラさんの「はじめてのおべんきょう」シリーズ『かずのえほん』と『いろのえほん』のご紹介です。
 
かずのえほん

 著者はフィンランドのイラストレーター兼デザイナーで、マリメッコのテキスタイルデザイナーとしても活躍中。力強さと繊細さをあわせ持つ大胆な作品が印象的です。
 
かずのえほん

 どちらもしかけ絵本になっているのですが、『かずのえほん』では、動物、花や蝶、のりものやお洋服や食べ物・・・などのイラストをめくって1~10の数を学べます。一見ストーリー性は無いように見えて、さまざまな問いがしかけの中に隠れています。
 『いろのえほん』では、お絵描きが楽しくなるような7色をページごとに学ぶことができます。デザイン性も高くかわいらしいイラストがくせになる、プレゼントにもぴったりの絵本たちです。
 
かずのえほん

 子どもたちに文化の違いはおかまいなし。3歳の娘は次々にしかけをめくっては現れる色彩に夢中でした。
 印刷にもこだわりを感じる仕上がりで、いろいろ触りたくなってしまいますね。
 親子で五感で感じる読書、してみませんか。


著書名:かずのえほん&いろのえほん
絵:アイノーマイヤ・メッツォラ
出版社:株式会社 パイ インターナショナル


*******************************************************************************

 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


 里のMUJI みんなみの里

 

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い