みんなみの里

【みんなみの里】玉ねぎ苗

【みんなみの里】玉ねぎの苗植えました | 畑のたより

その他

2020/11/13

 今、直売所で早く売り切れてしまうのが「玉ねぎ苗(早生)」です。
 初心者でも栽培しやすいということで、農家だけではなく、苗を求めて、例年、みんなみの里にご来店される方々が多くおられます。
 
【みんなみの里】玉ねぎ苗

 極早生、早生、中生、晩生と各種ありますが、現在販売されているのは早生品種です。
 玉ねぎは、寒さに強く暑さに弱い野菜なので、ここ房総半島のような温暖な地では、秋に植付して越冬させ、春から初夏に収穫します。


 まさに中山間というような場所にある我が家、10月末、斜面にあるカラッカラに乾いた畑に玉ねぎ苗を植付しました。
 
【みんなみの里】玉ねぎ苗

 苗と苗の間隔は15cmから20cmほど、指で土をちょっと掘って穴をあけ、そこに苗を植えます。どうやら、玉ねぎは浅く植えるのが基本のようです。
 
【みんなみの里】玉ねぎ苗

 しっかりと水をかけてあげて植付終了。この日50本の苗の植付にそれほど時間はかかりませんでした。


 ちなみに、私たちが食べている玉ねぎは、どこの部分なのでしょうか。根っこと言いたいところですが違います。茎でもありません。じつは、葉っぱの付け根の部分なのです。
 
【みんなみの里】玉ねぎ苗

 植えた苗は葉っぱで、白い付け根がどんどん膨らんでいき、みずみずしい玉ねぎになるのです。
 今後どのように成長していくのか楽しみです。

 
【みんなみの里】玉ねぎ苗

 ちなみに、玉ねぎの隣にキャベツの苗も植えました。こちらの様子も見ていきたいと思います。


********************************************************************************

 
【みんなみの里】玉ねぎ苗


 いつもみんなみの里のブログをご覧いただきましてありがとうございます。
 みんなみの里をフォローしていただくと、入荷情報やイベント情報のほか、鴨川の情報など地域のことも、皆さんの携帯などに一足早く配信されます。
 記事の右上にあるフォローボタンを押していただき、グレーがエンジ色になればフォローは完了です。
 まだフォローをされていない方は、ぜひ、みんなみの里のフォローをよろしくお願いします。


里のMUJI みんなみの里