イオンモール福岡伊都

キービジュアル画像:日本の森を元気にする活動|まち便り

【イオンモール福岡伊都】日本の森を元気にする活動|まち便り

イベント・地域情報/地域情報

2019/10/15

10月6日にJR筑前前原駅近くの丸田池公園で行われた、『THINNING』のイベントに行ってきました。「THINNING」(シニング)とは『間伐』と言う意味です。森の地面に日光を当て、木や森を健全元気にするために、切り倒された木材を有効に使い、糸島から森を元気にしていこうというイベントです。

糸島を中心としたお店さんや企業が、このプロジェクトに賛同し、出店したり協賛したりされていました。木材を使った家具や小物の物販や、ワークショップなどが行われていました。無印良品イオンモール福岡伊都のワークショップでおなじみのマイマイ計画さんも参加されていました。

 

中にはアメリカ発祥のアウトドア用品のメーカー、『ザ・ノースフェイス』の鍋敷きもありました。もちろん間伐された木材で作られたものです。

 

こちらのお弁当は、林業が盛んな大分県日田市で森を守る活動をしている団体のヤブクグリさんが販売している『きこりめし』です。ごはんの上に乗った大きなゴボウが、日田の杉の木をイメージしてあるそうです。お弁当箱も日田の杉で作ってあり、金具などは一切使ってないので、食べた後は、森に捨てればいずれ土に返るというこだわりのお弁当です。それにしても美味しそう!

 

無印良品では、木のぬくもりを感じる、日本製にこだわった木製のおもちゃのお取り扱いをしています。木のおもちゃは見た目にも温かみがあり、大人もつい手に触れたくなりませんか?

『THINNING』の活動は、日本の森を大切にしたい無印良品の想いと通じ合っていると感じます。

 

森を守り、強い土壌を作ることは、土砂災害などから私達自身を守ることにもつながります。日本の森を守る『THINNNING』の活動を少しでも多くの方に知って頂きたいと願っています。

 

 

無印良品は、10月からも今までの価格のまま変わりません。消費税込の表示なので、ややこしい計算も不要です。

(書籍、配送料、家電リサイクル料は除きます)

イラストをタップすると、詳しい情報を見ることができます。

 

 

8月20日に約1,100アイテムの価格見直しを行っています。品質はそのままに、素材の選択、工程の見直し、包装の簡略化で、値下げを実現しています。

イラストをタップすると、詳しい情報を見ることができます。

 

皆さまのご来店をお待ちしております。

無印良品イオンモール福岡伊都

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

← 前の記事へ

次の記事へ→

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

← 前の記事へ

次の記事へ→