Found MUJI 青山

キービジュアル画像:Found MUJI青山のこと。後編|売場紹介

【青山】Found MUJI青山のこと。後編|売場紹介

売り場・サービス紹介

2019/03/28

こんにちは。

本日は3回目、後編となるFound MUJI青山のこと。をお送りします。

 

今回も当店にいつも来ている人も、まだ来たことの無い人もまだあまり知られていないFound MUJI青山のことを紹介していきます。


後編では、2階の秘密を紹介します。

その前に、Found MUJI青山には、エスカレーターがありません。その為、キャリーケースを引いた方や、ベビーカーを引いている方は2階に上がるのが大変です。

でもご安心ください。レジでそれぞれ預かったり、従業員用のエレベーターで2Fまでスタッフがご案内しています。
ゆっくりと店内を見たい時はスタッフに一声頂ければお手伝いします。お気軽にお声掛けください。

それでは、2Fの売場を見ていきましょう。


階段を昇ると目に入るのは、大きな車の絵。
これは、アメリカのフォントデザイン会社、「House Industries(ハウス インダストリーズ)」とFound MUJIが一緒に作った小麦袋で出来た風呂敷。
物を包むのにも、壁に飾っても良さそうですね。
他にもフィンランドやスウェーデン、デンマークのガーデン用品やバス用品が並んでいます。どれもとても頑丈に出来ているのが触ると分かります。


2階に上がって見渡すと、たくさんの商品が並んでいます。
あまり知られていないのは、洋服も置いている点。特に高感度ラインの「MUJI Labo」は、今期より展開数が増えました。男女兼用で作られたMUJI Laboは色もデザインもシンプルながら、とてもリラックスしたシルエットで、一度着てみるとその良さがしっかりと伝わります。
1階に試着室も用意しているので、ぜひ手に取ってみてください。


食器や、布製品、文具なども並んでいます。

ガラスや陶器、磁器などは、作られている国や製法も様々で、作る料理や飲み物に応じて使い分けたくなるバリエーションが魅力です。
2階の商品についての情報はもちろんのこと、こうした商品たちは個体差のあるものもあります。なので、気になる商品はスタッフにお声掛け頂ければ新しいものと一緒に見比べる。なんてこともできます。

ちなみに並んでいる商品のほとんどがFound MUJI 青山限定。Found MUJI取扱い店舗は一部あるものの、企画が終わった在庫はどんどん、青山に集まってきます。
なので、完売すると二度と手に入らない商品もあるんです。気になる商品は、お電話やその場でお取置きも承っていますので、お買い忘れの無いようにご注意ください。


奥に進むと食品売場がありました。
不揃いバウム以外のお菓子や調味料なんかも揃っています。青山の街をお散歩するときはここでお菓子を買って休憩するのも良いかも知れません。

一番奥には、タオルや化粧水も少量ですが取り揃えています。ここまで来ると探検している気分になれるので、密かなおすすめスポットです。
少し狭いですが、ゆっくり見て回ってみてください。


そういえば、Found MUJI青山では、お買物かごを見かけません。

よく探される方が多いので普段はスタッフが手渡しをしていますが、この天然素材のかご。

これが当店のお買物かごです。

以前、かごを取り扱う企画の際に個体差がある為、商品化出来なかったものをお買物かごとして店頭に積んでいます。

お買物中もこのかごを使うと、より楽しめそうな可愛らしいデザインですね。


最後に、壁から生えたドアノブ。
不思議に思う方も多いと思いますが、こちらは、お手洗い。中は意外と広くてゆったりしています。青山の街はお手洗いも少ないので、お散歩の合間にぜひお使いください。

以上、Found MUJI青山のこと。後編でした。


既に知っていたことも、知らなかったこともあったと思います。
こんなワクワクする環境で働くスタッフのみんなは元気いっぱい。静かなお店ですが、その分スタッフとこのお店で話しながらのんびりお買物を楽しんでみてはいかがでしょうか。


今後もFound MUJI青山や青山の街の魅力をお伝えしていきます。
お楽しみに。

Found MUJI青山


<Found MUJI東京> 開催中


Found MUJI「東京」では、水辺とともに育まれてきた産業やくらしの文化を垣間見る

生活の道具や業務用品を紹介します。

開催期間:
2019年2月22日(水)~4月25日(木)

Found MUJIについてはこちら

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い