Found MUJI 青山

キービジュアル画像:【青山】益子、萬古、砥部、萩の器|スタッフのおすすめ

【青山】益子、萬古、砥部、萩の器|スタッフのおすすめ

スタッフのおすすめ

2019/12/27

こんにちは。

Found MUJI青山では12月26日(木)~2020年2月20日(木)まで「益子、萬古、砥部、萩」の企画展が開催しています。

2012年から全国十カ所の窯元の方々に作っていただいている器にフォーカスを当てた今回の企画。

元々作りのあった飯碗や湯のみ、小皿に加えて大皿や、鉢も加えた8種類の器が並びます。釉薬と呼ばれる器の表面に塗る成分を変えることで同じ器でも2種類の表情を見せていますので、お好きな器を選んで揃えてみても良さそうですね。

 

入口には、これからやってくるお正月に向けて鳶の凧が吊るしてあります。店内には一緒に正月飾りや縁起物も用意していますので、併せてご覧ください。

今日はほんの少しだけ、4か所の器たちを紹介していきます。

 

益子焼

始めに紹介するのは、栃木県で作られる益子焼。

独特の表情の並白釉と柚子のような質感の黒柚子肌の2種類の色味が並びます。

 

続いては萬古焼。

三重県で作られる萬古焼は丁寧に型を削り、一点ずつ丁寧に仕上げている器の美しさが特徴です。

 

愛媛県で作られる青い絵付けが特徴の砥部焼は、ボテッとした可愛らしい形。

今回は別注で絵付けの入っていない無地の砥部焼も並んでいますので、おすすめです。

 

最後は山口県で作られる萩焼。

萩焼の最大の特徴は釉薬の種類の多さ。藁や土の灰をブレンドして作られた釉薬は熱を加えることで、独特の表情を見せてくれます。

 

1Fテーブルでは、それぞれの焼き物の特徴も紹介しています。

こちらのおたよりにて、器の紹介を行っていきますのでお楽しみに。

お気に入りの器が間違いなく見つかるはずですので、和食器をお探しの方はぜひ、お越しください。

 

【益子、萬古、砥部、萩】

開催期間:

2019年12月26日(木)~2020年2月20日(木) ※Found MUJI青山、無印良品銀座

2020年1月10日(金)~2020年3月5日(木) ※その他店舗

商品ラインナップは下記リンクをご覧ください。

Found MUJIについてはこちら

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い