みんなみの里

齊藤拓朗さん

【地域とつながるプログラム】畑で採れるものはすべてが財産だと思うんです。|館山パイオニアファーム:齊藤拓朗さん

イベント・地域情報/イベント

2021/02/23

いちご、びわ、みかん、温暖な気候を生かしたフルーツ栽培が盛んな千葉県館山市。
いちじく観光農園『館山パイオニアファーム』を経営する齊藤拓朗さんは、「南房総・館山から『いちじく』をより日常のフルーツとして発信したい」と意気込みます。
 
いちじく
<ハイシーズンにはいちじく狩りも楽しめる>
 
5年間の会社勤めの後、地元である千葉県館山市に帰郷したのは13年前。たまたま地元びわ農家さんに「手伝ってもらえないか」と声をかけられたのが農業に関わるはじまりでした。
 
「鳥のさえずりを聞きながら、風を感じながら、太陽の光を浴びながら作業するのが心地よかったんですよね。
自然と一体化した感覚で。サラリーマン時代には得られなかった感覚。」
 
いちじく農園
 
「自分が小学生のころは、農家のイメージって、『大変そう』『泥だらけ』とかあんまりいいイメージはなかったんですけど、実際やってみると、心地よく、素晴らしい仕事だとそのとき思いました。」
 
その後、びわの木20本から本格的に独立。
「妻も私もまったく農家の家系ではなくて。農地の開拓には苦労しました。どうにかこの狭い土地でもやっていきたい。できるだけのことをすれば規模は関係ないんじゃないかって。その時の思いがあってか、現在のいちじく農園ではカフェを併設したり、加工品を販売したり、できる限りのことをしています。」
 
フレッシュいちじくパフェ
<フレッシュいちじくパフェ:8月~11月までの期間限定販売>

現在でも、所有する農園の規模は1500坪ほど。一般的な農家さんの所有面積である3000坪~6000坪に比べ、圧倒的に少ない面積。それでも現在『農家」として生計をたてられている理由は、びわの木20本から始めた経験があったからだと振り返ります。
 
「親世代が農業離れをして、自分達の代でもう一回農業に興味を持ってもらいたなと。自分自身が取り組みやすい農業形態を作り出すことで、より若い方々にも興味をもってもらえたら、と考えています。」
 
いちじく3種
<実は700品種もあるいちじく>
 
栽培にいちじくを選んだ理由は様々。ただそのすべてに共通するのは「地元で農業をやるなら地元の人間として地域にプラスになるようなことを」という思いでした。
「ここ館山では1月~5月はいちご、4月~6月はびわ、10月からはみかんが旬を迎えます。いちじくなら空いた期間の7月~11月で収穫ができるんです。温暖な気候に適していたのも良かったですね。ここ南房総を、いちじく産地として魅力発信していきたいです。」
 
いちじくジャムのこだわり
 
ジャム
 
「できる限りのことをしたい」「いちじくをもっと普及させたい」
そんな思いから、齊藤さんご夫婦は、形が悪く販売には向かないいちじくも、自らジャムやコンポートを作ったり、地元企業とコラボレーションしたりと、積極的に加工品へと活用しています。
 
「畑で採れるものはすべて財産だと思うんです。」
規格外、傷モノでも味は同じ。すべてを活用したいとの思いには、なんといちじくの枝や葉の活用にまで広がります。
 
「捨てなきゃいけない部分も有効活用できないか、商品になれば農家の魅力も上がるんじゃないか、日々そんなことを考えています。」
 
いちじくの枝ランプシェード
<房州切子の職人さんが作成した灯篭に、剪定した枝を使いランプシェードに>
 
 
今回の企画では、そんな齊藤さんの熱い思いを伺いながら、いちじくのことはもちろん、オフシーズンのいちじく農園の剪定作業体験や、枝葉の魅力を最大限生かす取り組みを一緒に考えていきます。
 
「農家の日常を知る、ちょっと突っ込んだ体験で、より農業に関心をもってもらえたら嬉しいですね。なによりお客様自身に楽しんでもらうことが一番ですが。」
 
笑いながら話す齊藤さんは、施設名の通り、まさに館山のパイオニア(pioneer:先駆者)なのです。
以下のフォームよりお申込みいただけます。
詳細はイベント申込ページ、および、先行レポートよりご確認ください。

プログラム名:「いちじく農家直伝!苗作り体験と野菜ソムリエプロと作る地元野菜を楽しむ農園ランチ」
開催日:2021年3月20日(土) 9:45 受付開始
開催場所:館山パイオニアファーム
集合場所:館山パイオニアファーム(千葉県館山市正木441※カーナビ検索は「館山市正木423」)
持ち物/準備物:長袖長ズボン。動きやすい恰好。エプロン(ランチ作りの時に使用)。
定員:8名(最少催行人員4名)
主催:サニーフィールズ 野菜ソムリエプロ 安西理栄
■タイムスケジュール
〇2021年3月20日(土)
9:45 受付開始
10:00 現地集合(館山パイオニアファーム)
     企画内容や本日の流れの説明
10:15  斉藤さんの指導のもと、いちじく苗作り開始。いちじくについてのお話も。
11:30  野菜ソムリエプロ安西理栄とともに地元野菜を使ったランチづくり
12:15  農園にてランチタイム
13:20 いちじくの枝や葉の利活用についての取り組みを伺い、せん定で出た枝を使って作るキットをお渡し。農園散策やスーツショップでお買い物など自由時間。
14:00  終了のあいさつ、解散。
※上記の時間帯は目安です。
 
<ご予約・詳細はこちらから>
予約締切日:2021年3月17日(水)23:59
※参加できない場合には、申込時のメールに記載された方法でキャンセルを行ってください。
※キャンセル期限は開催日3日前の23:59です。それ以降のキャンセルにつきましては、参加料は返金いたしかねます。
 

関連記事