MUJIcom宇都宮パセオ

【MUJIcom宇都宮パセオ】土用の丑の日|うなぎ巻きのご紹介

1

スタッフのおすすめ

2022/07/20

みなさんこんにちは。MUJIcom宇都宮パセオです。
みなさんは明日23日が何の日かご存じでしょうか?そうです、土用の丑の日でございます。本日は、土用の丑の日におすすめの商品を紹介させていただきます。
 
その前に、土用の丑の日とは何の日なのか、調べてみたのでお伝えさせていただきますね。
土用とは、四立(立春・立夏・立秋・立冬)前の約18日間のことを言い、その期間に12周期で巡ってくる干支の丑の日にあたるのが土用の丑の日です。また、うなぎを食べる習慣については諸説ありますが、いちばん有名な話を簡単に説明すると、江戸時代にうなぎが売れなくて困っていたうなぎ屋が、そのことを平賀源内に相談したところ、丑の日に「本日丑の日」という張り紙を貼ることでお店が大繁盛し、それが広まって「土用の丑の日はうなぎの日」という風習が定着したとされています。ちなみに「う」から始まる食べ物を食べると夏負けしない、なんて言い伝えもあったそうで、これがうなぎ大ヒットにもつながったのかもしれませんね。
1

では商品紹介に移ります。今回紹介するのは丑の日にちなんだ「うなぎ巻き」です。
鹿児島県産うなぎのかば焼きを、甘めのたれで炊いたご飯で巻きました。食べやすい様にあらかじめカットされています。ごはんにしっかり味がついているため、どこを食べておいしく食べられます。濃い味が好きな方は、さらにマヨネーズをかけるのもおすすめです。高カロリー注意です。一本590円(税込み)と少しお高めですが、スタッフにも好評でおいしいのでぜひ一度試してみてください。
 
3
今年の夏は暑くなりそうなので、今まで丑の日を意識していなかった方も、夏に負けないようにうなぎを召し上がってみてはいかがでしょうか。
ご来店お待ちしております。
 
MUJIcom宇都宮パセオ
 

関連商品