キービジュアル画像:能登の美味しいを詰め込んだ「HITOTSU」

能登の美味しいを詰め込んだ「HITOTSU」

諸国良品

2015/11/13

2013年より、「HITOTSU」は、食材豊かな能登の魅力を届けるため販売を開始しました。3.6haの自社農園で栽培されたこだわりのブドウをはじめ、能登産の野菜や発酵食品を使ったピクルス、ジャム、クラッカーなどがあります。「HITOTSUのピクルス」は優良ふるさと食品中央コンクール農林水産省食料産業局長賞を受賞しました。全て手作りで、子供から大人まで楽しめる能登の新しいご当地商品です。

OkuruSkyは、Chardonnay(シャルドネ:白ワイン用)を専門に栽培しています。世界中で栽培されているポピュラーな品種だからこそ能登産ブドウの魅力を表現出来る様、誠実に畑と向き合っています。

ブドウ栽培へのこだわりとして、除草剤を使わない、減農薬、また日照時間を確保する・鳥の絡まり事故防止のため防鳥ネットも使いません。可能な限り、ありのままの環境で樹を育てることを意識しています。

各商品には醸造用ブドウから作った無添加のレーズンを使用しています。収穫してすぐにローストし、クランキーなレーズンを作ります。ワインには欠かせない種や皮の程よいほろ苦さや酸味が特徴です。

HITOTSUを使った料理を提供するワインカフェ「RYU・CRU」(リュ・クリュ)は、就農希望者が能登での持続可能な農業経営のスタイルを築くための交流の場となっています。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 株式会社OkuruSky

    生産者名 株式会社OkuruSky 詳細

    2001年より、村山智一(代表取締役)が醸造用ブドウ栽培に携わる。世界ではBiowineが注目される中、能登での醸造用ブドウ生産の在り方を意識し、除草剤は使わず、減農薬栽培を選択。2013年、そのこだわりからできたブドウや、石川県産の野菜を使った「HITOTSU」の販売をスタート。他には、旧校舎をリフォームした「ふるさと体験村 四季の丘」での農業者育成や、ワインカフェ「RYU・CRU(リュ・クリュ)」を運営している。

関連商品