山形さくらんぼ「佐藤錦」を樹から摘み取り直送

山形さくらんぼ「佐藤錦」を樹から摘み取り直送

諸国良品

2016/07/15

さくらんぼの中でも、人気ナンバ-ワンの品種が「佐藤錦」。山形県内の約7割の栽培を占めます。さくらんぼは気象条件が難しく栽培の手間が驚くほどかかります。冬のさなかの剪定、芽かき、肥料、年間を通してやっと収穫をむかえるのが6月です。収穫期前には、実が雨にあたると割れてしまうため、全ての樹に雨よけテントハウスを設置します。また、収穫期が近づくと、日陰をつくる余計な葉をつみとる作業も毎日続きます。

佐藤錦は、甘みと酸味の絶妙なバランスが特徴です。口に入れると甘い果汁がほとばしり、初夏の季節が感じられます。糖度は、最低でも約18度、高いもので25度にもなりますが、酸味により爽やかな味になります。

1個1個サイズを揃え(選果)、形、色づきを合わせ、軸ごとそっと手で向きを並べパック詰めされた「佐藤錦」は、高価な贈答用として販売されます。パック詰めには、熟練した腕も必要で、「果樹の宝石(ルビ-)」といわれます。

今回は自家用として、旬の完熟期に色づいたものを樹で摘み取り、色づき、粒揃えをすることなく箱詰めし、収穫日に発送致します。選果のコスト(人件費)を省くことで、お買い求めやすい価格でご提供できます。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:出荷者名(株)やまがた物産振興機構

    出荷者名(株)やまがた物産振興機構 詳細

    (株)やまがた物産振興機構は、山形のフルーツをはじめ、生産者と共に美味しい商品を紹介しております。生産者とお客様の間に立ち、食べる喜びと感動をお届けしたいと心がけております。