キービジュアル画像:独自の栽培方法で鍛えて育てた北海道の特別栽培赤肉メロン

独自の栽培方法で鍛えて育てた北海道の特別栽培赤肉メロン

諸国良品

2019/06/21

北海道のメロンといえば「夕張メロン」が有名ですが、実は夕張でつくる一つの品種「夕張キング」の名称が「夕張メロン」です。産地や生産者によって、いろいろな品種が栽培されています。北海道の産地の中でも、特に夕張は昼夜の寒暖差が大きく、その気候風土がおいしいメロンを育てます。小野農園は、夕張市内でも数少ない生産者直売所で、化学肥料や化学合成農薬をできるだけ使わずに独自の栽培方法で安心・安全なおいしいメロンを栽培しています。

小野農園では主に「ルピアレッド」という品種を栽培しています。
糖度は平均して「夕張メロン」よりも高く日持ちのする北海道では人気の品種で、「富良野メロン」や「らいでんメロン」といったブランドメロンにもなっています。

できるだけ化学肥料を使わずに、米ぬかと堆肥で土中の微生物を活性化させる“安心・安全な土づくり”と畑に植えてからは水をやらずに“鍛えて育てる”長年の経験と独自の栽培方法でつくったメロンは、皮のふちまで甘いのが特徴です。

メロンは収穫する前、5日間くらいで糖度が上がります。市場を通して流通させると、日数がかかるため、糖度が上がりきる前に収穫し店頭に並ぶ場合があります。

小野農園は、市場を通さずに直接販売しているため、ひとつひとつ収穫時期を見極め、糖度が上がりきった状態で収穫し発送しています。あとはお手元に届いてから常温で追熟させることで芳醇な香りの甘いメロンをお楽しみいただけます。

この50年で北海道の気候も少しずつ変化してきました。種苗メーカーの協力で品種改良の進んだ近代農業と化学肥料や化学合成農薬に頼らない伝統と経験の安心・安全な栽培技術が生んだ「小野メロン」。

高級メロン「夕張メロン」の産地で、ブランドに頼らず自分の信念に基づいて直売所で営業してきたこだわりのメロンをぜひご賞味ください。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 合同会社 小野農園 小野一一(おの かずいち)さん

    生産者名 合同会社 小野農園 小野一一(おの かずいち)さん 詳細

    祖父が夕張に入植してから農業をはじめ、昔ながらの農法で、できるだけ化学肥料や化学合成農薬を使用せずに畑を維持してきました。メロンをつくって50年以上経ちますが「おいしいものだけをつくりたい。」そんな思いからブランド名や農協の販路には頼らず、直売所を開店し40年以上が過ぎました。水をやらずに鍛えて育てる独自の栽培方法も確立し、平成19年には法人化。「おいしくなければ客は来ない。」毎年そんな危機感を持ってこだわりのメロンを育てています。

関連商品