キービジュアル画像:九州産の厳選素材にこだわった醤油と、旬を味わうドレッシング

九州産の厳選素材にこだわった醤油と、旬を味わうドレッシング

諸国良品

2019/10/18

甘いことで知られている、九州の醤油。アミノ酸液や甘味料を使用した旨みと甘みが強いものが主流のなか、ごとう醤油では、食品添加物を使用せずに甘い醤油を生み出しました。また、北九州にある醤油蔵として、北九州らしさを考え、地元の食材と掛け合わせたドレッシングも考案しています。具材が目に見えるほどぎっしり詰まっていて「これで採る野菜を1品減らせる」と評判です。

醤油は安心して使っていただけるよう、原料の産地を指定しています。大豆に福岡県産「ふくゆたか」、小麦に福岡県産「ちくごいずみ」、食塩は長崎県産「崎戸塩」。天然素材本来の旨みをお楽しみいただくため、化学調味料、保存料、着色料、甘味料、香料などの食品添加物は使用していません。

また、食用油を絞った後の大豆を使う醤油が多いなか、丸い大豆をそのまま使用。福岡県産の丸大豆と小麦でじっくりと旨みを引き出し、氷糖蜜で上品な甘さをプラスしています。氷砂糖を作る際に結晶化しきれなかった残りの液体(氷糖蜜)は、独特な風味と奥深いコクのある甘さが特徴です。

工場地帯のイメージのある北九州ですが、魅力的な農産物が多く栽培されていることに注目。地元の旬の野菜を使い、収穫後速やかに加工することで、フレッシュさを閉じ込めています。

また、野菜本来の味、色、香りを大切にしているため、ドレッシングも人工的な食品添加物は使用していません。素材の味を十分に生かすよう、できる限り手づくりで、独自の味わいを引き出します。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 株式会社ごとう醤油

    生産者名 株式会社ごとう醤油 詳細

    大正2年より、醤油・味噌をはじめ、各種調味料づくりを開始。ある時、小学生の息子に「継ぎたい」と言われたことをキッカケに“自分たちらしさ”を考え始めた、4代目の五嶋隆二さんは、地元の素材を使ったドレッシングを考案。今では噂を聞きつけて、野菜の生産者さん自らが相談に来るようになっています。「多くの方に愛される、食べると思わず笑顔になる調味料を開発製造し、微力ながら地域の活性化に繋がるとうれしい」と語ります。

    MUJIキャラバンブログ
    旬を味わうドレッシング

関連商品