キービジュアル画像:1粒の種から大切に育てられた「名倉メロン農場」のマスクメロン

1粒の種から大切に育てられた「名倉メロン農場」のマスクメロン

諸国良品

2016/10/18

全国でもトップクラスの日照時間を誇る、静岡県西部の袋井市では、太陽の光を生かした温室メロンの栽培が盛んです。そんな袋井市で約50年に渡ってメロン一筋に作り続けているのが「名倉メロン農場」です。彼らは自分たちで育てたメロンから種を採り、その季節季節に一番合った種を利用しながら1年を通じてメロンを育てています。また、「一番おいしい状態でメロンを届けたい」という想いから、自社で運営するカフェや産地直送でメロンを提供しています。

「名倉メロン農場」が手掛けるのは一般的に“マスクメロン”といわれ、もともとイギリスで開発された「アールスフェボリット(伯爵のお気に入り)」という品種のもの。これを日本の皇族にも食べさせたいと国内でも明治後期から栽培が始まりましたが、今では静岡県西部のみで栽培されている品種だといいます。

その特徴はというと、強い芳香と、果汁の多い黄緑色のとても甘い果肉。一株からたった一つの果実しか収穫しないというこだわりや、果皮が焼けないように一つひとつの果実に笠を掛けたりと、最後まで“箱入り娘”として、大事に大事に育てられています。

ハウスには、日照の少ない冬でも南からの太陽光を最大限に取り入れることのできる「スリークオーター型ガラス温室」を採用。また、栽培床を地上より浮かす「隔離ベッド栽培」をすることで、よりきめ細かな水分管理をしたり、連作障害を防ぐために土を熱消毒することができるそうです。

「メロンの糖度は最後の5日くらいでグンと上がるんです」そう生産者の名倉正悟さんが話すように、「名倉メロン農場」では最後まで味を乗せきってから収穫することを心がけています。今回お届けする家庭用は皮に少し傷が入ったりしていますが、味には全く問題がありません。「名倉メロン農場」のマスクメロンをぜひご堪能ください!

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 名倉メロン農場

    生産者名 名倉メロン農場 詳細

    静岡県袋井市のメロン専門農家。親子3代にわたってメロン栽培をしており、2代目からは自家採種した四季に合わせた種を使用しています。また、安全安心な農作物作りにも積極的に取り組んでおり、平成21年に静岡県内のメロン農家として初めて「しずおか農林水産物認証」を取得しています。「メロンの一番おいしい食べ頃を知ってもらいたい」と、カットメロンやデザートを提供するカフェも自社で運営中。

関連商品