キービジュアル画像:未来からの前借り、やめましょう―持続可能な農業の普及のために活動しています

未来からの前借り、やめましょう―持続可能な農業の普及のために活動しています

諸国良品

2015/01/30

株式会社坂ノ途中は、2009年に京都を拠点に設立されました。「100年先も続く農業を」をメッセージに掲げ、環境への負荷の小さい、持続可能な農業を広めるために活動しています。有機農業に挑戦する農家さんたちのパートナーとして、手間ひまかけて丁寧に育てられたお野菜の流通、販売を担っています。より多くの方においしいお野菜を楽しんでもらうことが、将来の世代に豊かな土壌を残すことにつながり、持続可能な社会をつくります。

農薬や化学肥料を用いると安定した収穫を楽に得られますが、土は痩せ、水は汚れ、同じ土地からの将来の収穫は失われます。坂ノ途中はこれを「未来からの前借り」と呼んでいます。

農家さんたちが農薬や化学肥料に頼らずに、手間ひまかけて土づくりをしているため、畑には生きものがたくさん。そんな中で元気いっぱいに育ったお野菜たちは、とってもおいしいです!

素材の味がしっかりしているので、簡単な調理とシンプルな味つけで楽しめます。西洋野菜や地域の伝統野菜など、よそでは見かけないようなちょっと珍しいお野菜もお届けします。

年間を通して、その時期の旬のお野菜をお届けします。きっと野山や畑の表情を感じていただけるはず。「都会育ちの子どもが季節の変化に敏感になりました」なんてお客さまの声も。

坂ノ途中の提携農家さんは若手や新規就農者。困難を知りながら、環境に負荷をかけない農業に挑戦しています。彼らが農業を続けてゆくためには、お野菜が売れていくことが必要です。

坂ノ途中は、農業を通して持続可能な社会の実現を目指しています。環境への負荷が小さい農業に取り組む農家さんたちがもっともっと増えれば、そこに一歩近づくことができます。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 株式会社坂ノ途中

    生産者名 株式会社坂ノ途中 詳細

    株式会社坂ノ途中は、「100年先も続く農業を」をメッセージに掲げ、環境への負荷が小さい、持続可能な農業を広める事業を展開しています。ちょっと風変わりな社名には、「持続可能な農業を実践する農家さんたちの、急な坂をのぼり続けるような挑戦のパートナーでありたい」という思いが込められています。東アフリカのウガンダで有機農業を普及したり、自社農場を運営して研修生を受け入れたりと、事業の幅を広げています。

関連商品