キービジュアル画像:福島県会津若松市産 山内さんのみしらず柿

福島県会津若松市産 山内さんのみしらず柿

諸国良品

2018/10/19

福島県会津地方特産の身不知(みしらず)柿は、見事な玉張と、爽やかな甘さが特徴の種なし柿です。本来は渋柿であり、色は淡いオレンジ色で、焼酎で2週間前後の日数をかけて渋抜きしていきます。献上としては、昭和3年に会津藩ゆかりの故・松平勢津子様が秩父宮様とご結婚されたのを祝って、生産農家が共同で天皇家とそれぞれの宮家に柿を献上したのが始まりです。以来第二次世界大戦後は県を通して知事が献上する形で続いています。

生産者の山内さんは、天皇献上生産者の一人で、代々柿栽培を行っており、山内さん自身も25年以上のキャリアを持つベテラン生産者です。

身不知柿は他の品種に比べて皮が薄く、サクッとした食感の後に広がる甘さと芳香が特徴の柿です。果皮に黒い筋が入ることがありますが、脱渋により入る筋ですので品質上問題はありません。

山内さんの柿の園地は福島県会津盆地の南側斜面に面した扇状地にあり、一年を通し作物にとってとても恵まれた環境にあります。献上柿の里で会津みしらず柿の栽培を減農薬、無化学肥料で手間暇かけて行っています。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 山内清則

    生産者名 山内清則 詳細

    山内さんの柿の園地は福島県会津盆地の南側斜面に面した扇状地にあり、一年を通し作物にとってとても恵まれた環境にあります。献上柿の里で会津みしらず柿の栽培を減農薬、無化学肥料で行っています。安心安全でおいしい柿をお届けします。