キービジュアル画像:完熟ヘルシー果実 南房総産ドラゴンフルーツ

完熟ヘルシー果実 南房総産ドラゴンフルーツ

諸国良品

2015/12/11

ドラゴンフルーツは、中南米原産のサボテン科に属する南国フルーツ。その名に相応しく龍の目を彷彿とさせる真っ赤な実は、ビタミンや鉄分、ポリフェノールなど美容や健康に効果のある成分が多く含まれ、また見た目からは想像もつかない程の爽やかな味わいとして近年注目されています。日照時間が長く温暖な気候を生かして南房総で栽培が始まったのは10年前。フルーツファーム南房総が地域活性化への思いを込めたヘルシー果実を体験してみませんか?

フルーツファーム南房総関口昌司さんが、ドラゴンフルーツ栽培を始めるきっかけとなったのは、需要の低迷や輸入品の増加から使われなくなったカーネーション農家のガラス温室をどうにかしたいという思いでした。

ちょうど同じ時期に友人から教わったドラゴンフルーツの試験栽培を行うとガラス温室に適していることがわかり、この温室の再利用も含めて地域活性化の商品となりはしないかと本格的に挑戦を始めたのが6年前。

土作りの実験を重ねるうちに、今では南房総中に広がった仲間がドラゴンフルーツを生産するようになり、販路開拓も含めピューレやスイーツとして販売する6次産業化のプロジェクトも関口さん主導で進めています。

そんな関口さんが大事にしている南房総産ドラゴンフルーツのポイントは次の2つ。1.無農薬で近海の海藻を使った土作りによる甘みの高い栽培。2.関東圏での距離を生かして完熟で収穫した産品をお届けすること。

これまで国外のドラゴンフルーツは輸送距離の問題から未完熟で収穫されるものも多く、味が薄いという印象を持つ方も少なくなかったようです。しかしこの2つのポイントで課題の打破に挑む南房総産ドラゴンフルーツ。

まずは一度食べて頂きたい、という思いから、今回は諸国良品限定販売S・Mサイズ混にてお手頃な価格でのご提供となります。ドラゴンフルーツ初体験の方もすでに味わったことのある方もこの機会にお試しください。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 フルーツファーム南房総 関口昌司さん

    生産者名 フルーツファーム南房総 関口昌司さん 詳細

    フルーツファーム南房総の関口昌司さんは、幼少期から農業と関わりをもちつつも本格的に農業の世界へ足を踏み入れたのはドラゴンフルーツの栽培から。農業を客観的に見つめる視点が地域の活性化に繋がるとの考えから農家と異業種の交流を進めており、自身も千葉県産業振興センターと協力してドラゴンフルーツを使った6次産業化商品の開発を行っています。富浦IC近くではドラゴンフルーツの直売所も開いています。