キービジュアル画像:世界中の人に愛される、ハバネロソース

世界中の人に愛される、ハバネロソース

諸国良品

2019/11/15

ターンムファームのハバネロソースは、生産者の近藤卓さんが2002年にハバネロに出会い、魅了されたことに始まります。1株から始まったハバネロ栽培は1800株を育てるまでに至り、収穫・加工・出荷までを一貫して行っています。世界を見ても珍しい、手づくりのハバネロソースは評判を呼び、国内だけならず海外からも大人気。フルーティーなやさしい甘みと辛さを兼ね備えたハバネロソースは、ホットソースを日頃使い慣れていない方にもお薦めです。

ハバネロは、中南米が原産の鷹の爪などの数倍の辛さを誇る、唐辛子の一種。「その色と形、香水のような芳香。フルーティーなやさしい甘みの後に広がる、とてつもない辛さに魅了されました」と近藤さんは語ります。

友人から譲り受けた一つのハバネロの実から、種採りをして大切に株を増やしてきた近藤さんは、兵庫県篠山市に畑を構え、家族で栽培を行っています。また、ハバネロの他に原料の玉ねぎやニンニクも手掛けています。

収穫したハバネロはすぐに加工の工程へ。実はソースを作るミキサーも鍋もすべて家庭用サイズで、手づくりで行っています。その理由を「自分で切り開いていくDIYスピリットを大切にしたいから」だと話します。

自家栽培の無農薬無化学肥料栽培のハバネロと、厳選素材を使って作られた、日本産のホットソース。素材の味を引き立ててくれる心地よい辛さで、フルーティーなハバネロの香りとともに、食卓を彩ります。

※2018年の西日本豪雨や猛暑、台風直撃などの影響で、2018年の秋より販売を中止しておりました。また、今季より18年続けてきたハバネロ栽培を、長野県佐久市、長崎県雲仙市の若手オーガニック農家さんに委託する事になりました。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 ターンムファーム合同会社

    生産者名 ターンムファーム合同会社 詳細

    2002年にハバネロと出会い、2005年にハバネロソースが誕生。2008年よりターンムファームを法人化し、ハバネロの栽培から、収穫、加工、出荷までを一貫して行っています。「人生すべてがそこに入っている名刺のようなもの」と近藤さんが語るハバネロソースは、国内に加え、アメリカやオーストラリア、デンマークといった国々へも出荷され、スウェーデンでは女性ヘビメタバンドのオフィシャルグッズにも採用され、世界中で愛されています。

    MUJIキャラバンブログ
    香り高きハバネロ

関連商品