キービジュアル画像:九州産オリーブを余すことなくいただく「オリーブぬか床」

九州産オリーブを余すことなくいただく「オリーブぬか床」

諸国良品

2019/12/20

国産オリーブというと、香川県の小豆島が有名ですが、九州でもオリーブづくりが行われていることをご存じでしょうか?福岡市の中心部から南に約10kmに位置する那珂川市にある「九州オリーブファーム」では、2009年からオリーブを栽培しています。代表の山本康弘さんはオリーブ園を始めるにあたり、小豆島へ視察に行き、その後、本場・イタリアでも栽培技術を学んだそうです。そして、今では自分たちで栽培するほか、各地のオリーブ農家の栽培支援をしています。

山本さん曰く、オリーブは捨てる部分がない作物だといいます。オリーブの実の塩漬けや実を絞ってオイルにするほか、葉っぱをお茶にしたり、実の搾りかすも化粧品や石鹸などに使用されているのです。

丸ごと使えるオリーブだからこそ、農薬に頼らない栽培が理想です。イタリアにおいて、オーガニック栽培に成功しているのは南の暖かい地域に多いといい、同じく暖かい気候の九州はオリーブのオーガニック栽培に適しているのだとか。そこで山本さんは自身の圃場で農薬不使用での栽培を確立させ、それを周りにも広げようと邁進しています。

そんな九州産の農薬不使用栽培オリーブを活用したのが、「発酵オリーブぬか床」。オリーブオイルを作る工程で余った果汁としぼり糟を米ぬかと合わせてぬか床にアレンジしました。

一般的なぬか漬けに比べて爽やかな味わいで、野菜の色落ちがしにくく、鮮やかで旨みたっぷりのぬか漬けに仕上がります。オリーブオイルにつけて食べるとより一層おいしく食べられます。ビールやワインなどとの相性が良いので、ぜひお試しください。

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

この記事はいかがでしたか?

良い

悪い

生産者紹介

  • 供給者画像:生産者名 株式会社ANK

    生産者名 株式会社ANK 詳細

    数多くの商品開発に携わっている食の総合プロデューサー。「農家×株式会社ANK」として、たくさんの良質な食材を生産する農家さんへレシピ化や商品開発を提供している。「食にこだわり、素材の味を忠実にすること」がモットー。
    出口なき開発商品は失敗するの考えの元、商品を開発するだけではなく、ターゲット層を考慮した上でのパッケージングやブランディング、販路の紹介(百貨店、大手スーパー)までお手伝いしている。

関連商品